« 阿智夏祭り | トップページ | 昨日から「予想外キャンプ」開始 »

2007年7月29日 (日)

今日未明、日本のアジアカップ4位が決まった。

 オシムの言葉は私は好きだが、今回だけは耳を傾けたくない。

 日本はアジアカップのシード権がかかったゲームで、宿敵韓国を10人にしながら勝てなかった。これって、負けだ。

 韓国が10人になってからの日本の攻撃は、はっきりいってぬるかった。あれが「人もボールも動くサッカー」か。

 サッカーっていうのはゴールを奪うゲームで、ポゼッション率を競うゲームじゃない。幾度目にしたことか。日本のボールが自らの意思で後ろに戻されていく場面を。

 後半のゆるさは、もしかしてこのまま相手に緊張を強い、体力の消耗を強い、延長戦でぼこぼこっていうシナリオかと思った。しかしそうじゃなかった。
 延長になってもゆるさはそのまま。
 途中交代の羽生はシュートまではいいのだがシュートは決まらない。これはアジアカップ全体を通してそうだった。寿人は前線をかきまわすが、上背のなさが仇となり決定機をモノにできない。しかしそんなところじゃない、このゲームの魅力のなさは。

 リスクを恐れすぎ。

 PAに入って、がしがしドリブルしかけるヤツがあとひとり欲しかった。サイドバックの駒野だけだぞ、チャレンジしてたの。
 確かに相手キーパーは当たってた。DFもがんばってた。日本の決定的な場面の前で、韓国の赤い壁に幸運のバリアがついてたのは確かだ。だが、粉砕できなかったのか。
 監督もコーチも退席した韓国。日本はどうよ。みんな無事で、で、負けました。
 そんな国だっけか?日本て。

 おかしなことを言う。
私はキックオフ時に予言した。日本は勝てない、と。顔つきが違ったからだ。選手の。

 それから。
PK戦の直前、川口は今日はPKをひとつも止められないだろうと私は言った。実際そうなった。川口の集中力は、マックスではなかった。彼の目がそれを物語っていた。

 そして。
PKを失敗しそうな気がしたのは、遠藤と羽生のときだった。遠藤はさすがに決めたが、羽生は決められなかった。羽生はついに、足を振りぬいたシュートがネットを揺らすことなくこの大会を終えてしまった。羽生にとっては気の毒だが、そういう運をこの大会では背負っていたのかもしれない。
 
 うーん。赤い韓国の選手たちがたくましく見えたことよ。そしてサムライブルーとかいう色に身をまとった日本は、オジャルでまろで情けなかった。

 日本はこの試合、勝てなくてよかった。これで勝ったら、韓国チームに申し訳ない。いや、サッカーに申し訳ない。

|

« 阿智夏祭り | トップページ | 昨日から「予想外キャンプ」開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/7315968

この記事へのトラックバック一覧です: 今日未明、日本のアジアカップ4位が決まった。:

« 阿智夏祭り | トップページ | 昨日から「予想外キャンプ」開始 »