« 学校の創造性とチームティーチング | トップページ | すいませんでした。ご寄付振込口座の変更について »

2007年6月27日 (水)

ナミレンジャー今年もやるの?と聞かれて

「・・・こども次第」

と答えた私。劇ってエネルギーいるんだよ。私が関わるとなおさら(笑)

アイデアはあるよ。いっぱいね。

テーマはいつも、「前のめりの精神」(笑)

これはね。司馬遼太郎に教わったね。それも「竜馬がゆく」でね。

「前のめりに倒れる姿勢で、私は死にたい」

ってな趣旨のことを竜馬がいうんだよ。もしかしたら姉乙女に送った手紙に書いた言葉かもしれない。それがね。

私を突き動かす。

命はね。己の使命をはたすために与えられたものなんだってさ。

オレの使命はなんだろう。

オレはどこへ、何をしにいくんだろう。

それはオレがのぞむことなのだろうか。

のぞむことと使命が違ったら、それは悲劇なのか、喜劇なのか。

人は知らないよね。

そんな時に思い出すのは、吉川英治の「宮本武蔵」。(おっさんくさいですか?私。10年くらい前からこんなもんですけど)

「誰が知ろう、大海の深さを、その心を」

ってくだりがラスト10行以内にあるはず。(ちゃんと調べて書けとか思ってるでしょう?)

武蔵はね。佐々木小次郎に勝利したあと、ちゃっちゃと船に乗って帰るんだけど、その時彼は、おつうに会いたかったんだよ。きっとずっとね。

武蔵は、何がしたかったんだろう。五輪の書を書きたかったわけじゃあるまいに。

ナーバスですか?オレ。

|

« 学校の創造性とチームティーチング | トップページ | すいませんでした。ご寄付振込口座の変更について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/6944420

この記事へのトラックバック一覧です: ナミレンジャー今年もやるの?と聞かれて:

« 学校の創造性とチームティーチング | トップページ | すいませんでした。ご寄付振込口座の変更について »