« 食べ物の嗜好 | トップページ | ごめん。 »

2007年4月22日 (日)

短歌

 私は渡辺多恵子さんの「風光る」という作品がすきです。彼女の作品では「ファミリー」に心奪われたことがあるのですが(ずいぶん前のことです)、「風光る」は新撰組のお話しということで、タイトルのさわやかさとともに、本屋で背表紙を見つけたときから気になっていました。で、古本屋で大人買いをして、今、家内とともに読んでいます。

 で、新撰組のお話しですから当然近藤勇も沖田総司も土方歳三も出てくるのですが、その土方歳三が私は好きです。司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んだときから土方は好きだったのですが、「風光る」の土方は、「エロイカより愛を込めて」のエーベルバッハ少佐とおんなじくらいかっこよく、そしてかわいい(中年男が使う言葉ではありませんかね)

 で、その土方くんがよく短歌を書いているんです。人には見られないようにですがね。私が勝手に敬愛するkozaruさんも短歌を書かれます。(kozaruさんの短歌には本当に痺れてしまう私です。)

 で、そんなふたりにあやかり、昨日から私も発句することにヨロコビを感じるようになりました。昨日からってところがでたらめなところですが(笑)

 で、たとえば昨夜、スタッフに週明けの心構えを伝えるメールのおしまいには

桜待つ 心に鬼の業を持て それがいずれかは愛とならんや

  で、たとえばそれに対する返信は

「了解っす」

「みんなで受け止めましょうね」

「明日はキャンプ協会の総会だっけ?」

・・・いえ、どれが金の返信かとか、そんな問題じゃないですから(笑)

 で、私はお休みだけどほかに用があるからついでにセンターの買い物に行ってあげようか、という私のメールのおしまいにつけた歌が

 にんじんとごぼうはあれどなんか不安 青い菜 赤い実 いろいろほしい

 カレー粉はものすごくあった床下に 昨日食べてもなくならないよね

 冷凍のお肉はかさがなくなるか 100グラム100円以下を探してこようか

 でもね。返信がない(笑)

 やっぱ歌はうちに秘めた方がいいのかしらん。<そんな問題じゃないかもしれんが(笑)

 

|

« 食べ物の嗜好 | トップページ | ごめん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/6174803

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌:

« 食べ物の嗜好 | トップページ | ごめん。 »