« 短歌 | トップページ | 中村俊輔 »

2007年4月23日 (月)

ごめん。

 ごめん、すぐに言えないこともあるんだ。

 直接会って話したいってことがあるんだ。

 メールでも電話でもだめで、まして手紙なんかお話しにならない。いや、そう思わなかったときもあったよ。手紙を使ったときもファックスを使ったときもある。電話もね。けどね、結果は芳しくない。

 人が本能の壊れた生き物だと規定してみたとき(確か岸田秀氏の「ものぐさ精神分析」だっけか)、人の生み出した科学を含む文明はすべてその壊れた本能を補完するためのものだって説がある。

 それがたとえば文字と電話とかメールとかだろう。でもいくら本能が壊れたらしい人間だって、会って話しをすることが最も情報量が多く、互いの心が通うものであることは間違いない。大事なことは会って話しをしたくなるのは、きっとそういう理由によるものだろう。また会いたくないのも同じ理由に違いない。

 すぐに会えない物悲しさは、とてもつらく、つらく、つらく、つらい。わかるよ、わかる。わかるんだ。

 けど、会って話しをするべきことがある。あなた同様、私も、つらい。

 そこは、やせ我慢か。我慢を強いるのは申し訳ないが。

 

|

« 短歌 | トップページ | 中村俊輔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/6191074

この記事へのトラックバック一覧です: ごめん。:

« 短歌 | トップページ | 中村俊輔 »