« テーマソング | トップページ | 大掃除とくしゃみ、鼻水、涙に目の腫れと浪合の星空は日本一だった。 »

2007年3月10日 (土)

対高森戦と、トレセン県交流大会(?)

 今日はスポーツ三昧の日となりました。

 午前中はスキー検定。こちらについて、詳しくはセンター日記の ここ を参照してください。

 それにしても1級合格したタグはすごいですね。かっこいい!!

 で、午後は浪合SCの今年度最後のゲーム、「高森FC対浪合SC」が高森南小学校で行われました。浪合から高森南小学校までは、車でおよそ1時間です。天竜川の河岸段丘の西側に位置し、南アルプスがきれいに見える学校です。グランドをぐるりと囲む桜の木はかなり大きな木ばかりで、いい景観の学校だなあと感心しました。

 さてゲーム。本日は8人制のサッカーとなります。20分ハーフです。

    ジョニー   ゆか

みほ              こてつ

       あっくん

  マリオ       コースケ

      サン(GK)

スタンバイ=まあちゃん、ユイ

監督=ちゃづけ

という布陣。不在のsiの代わりにみほが左サイド、あたりの強いジョニーと運動量の多いゆかさんのツートップに期待が集まります。ボランチは浪合SC不動の司令塔、あっくんです。マリオ、コースケ、サンの守備陣も、今日は守備的な戦いを強いられることが予想されることから落ち着いたプレーをしてほしいです。

対する高森FCは飯田下伊那のサッカーリーグに正式に参加している強豪。今回対戦するのは5年生だけのチームですが、とても侮れるものではなく、むしろ胸を借りるつもりで戦いたい相手です。

前半、押しに押される浪合SC。殆どが守備の時間です。ぎりぎりのところでブロックするなどなんとか失点を抑えますが、しかし声も出ず、ボールを落ち着かせることもできず、ドリブルは足につかずでいいところなし。あっくんが孤軍奮闘でボールに絡みますが、司令塔からのボールはその意図が味方に通じず、相手にカットされすぐに反撃をくらいます。

そして10分、左からのCKがゴール前に、それを押し込まれて失点。うつむく浪合SC。うつむくチームにいいことなどなく、その2分後、今度は流れの中からシュートを打たれ2失点目、さらに傷口を開けます。

カウンターのチャンスもあったのですが、シュートの精度を欠き、脅威にはならず。なすすべなくただ来たボールをけり返すだけの浪合SC。前半終了となります。

ハーフタイムに監督から指示が出ます。それと私も言わせてもらいました。「声を出せ。こんなクソッタレなチームじゃないはずだ。心と体のパフォーマンスをアップするには、まず声を出す事からだ」と。

後半、チームは見違えます。システムは

       ジョニー

みほ              こてつ

       あっくん

 マリオ   コースケ  ゆか

      サン(GK)

と、ゆかさんをバックに下げ、これ以上失点しないぞという意図と、それでもあっくんをボランチで使い続けることでカウンターを狙うという意図を込めた布陣です。

声が出ます。サンからコーチングの声が、選手それぞれから「フォローだ!」「走れ!」「ナイスディフェンス!」。出る声の量に比例して、足が動きはじめます。

しかし、それでも押し込まれるサッカーに変わりはありません。守備陣が懸命に守ります。中でもコースケの粘り強い守備には感心させられました。パスやシュートをブロックするだけの守備ではなく、一対一でボールを奪い取る守備です。これが欲しかった。

カウンターのチャンスは前半より増えます。キーパーと一対一の場面が2~3回はあったでしょうか。しかし、モノにはできません。相手キーパーも前に出ていてコースを消していったうまさがありましたが、浪合の攻撃がイマイチ弱気だったことも原因のひとつでしょう。「オレが決める」という強い意志がないと、得点はなかなか奪えません。

しかし繰り返すチャンスの中、ついに浪合に得点が生まれます。後半15分。相手陣内で動いていたボールをジョニーが右足でゴールに打ち込み、1点返します。

選手交代もありました。みほ、ゆかさんアウトで、まあちゃん、ゆいインです。

試合はその後も攻める高森、守る浪合の図式のまま推移し、相手の決定力不足にも助けられ、後半は無失点で終えます。しかしトータルスコアは浪合1-2高森。無念の敗戦。

試合には負けましたが、しかしいいゲームができました。正直、もっと点差は開くかなと思っていのですが、粘り強い守備で2失点ですみました。前半と後半でがらっと違うチームになったような浪合SCですが、今日の後半のような気持ちで戦えば、もうちょっと違う結果になったかもしれませんね。だって後半だけ見れば1-0だし。とりわけあっくんの奮闘ぶりが感動的でした。あっくん、どこにでもいました。ものすごい運動量でした。

相手チームには下伊那トレセンU-12の子が3人いました。といっても途中交代でフル出場していませんがね。この日、下伊那トレセンは飯田の運動公園で、県下の地域トレセンチームが集まって交流?研修?大会をしており、siもそちらに出場しており、今回の高森戦にはエントリーできませんでした。ところが高森のトレセン組3人はトレセン大会を途中で切り上げてこちらのゲームに来てくれたんです。

現地でsiが聞いたところによると、

「今日、愛知のチームが練習試合にくるんだ。だから帰らなければいけない」

って言っていたそうです。

あの、「愛知(あいち)」じゃなくて、「阿智(あち)」なんですけど(笑)

siもそう言ったそうですが、でもかたくなに「愛知なんだよ」と言って帰っていったそうです(笑) もしかして他のところでゲームしてたのかな??

siはといえば、3試合に出場。同じポジションではあまりプレイをしないようにということで、1試合目はFWとボランチ、2試合目はDF、3試合目は左サイドハーフとDFをやったそうです。ゲームは1勝2敗。相手はさすがに強かった模様。FWやっててもボールはあまりまわってこなかったとか。ただCKやFKのキッカーはsiがつとめたそうで、3試合目ではCKからのアシストを記録できたそうです。

|

« テーマソング | トップページ | 大掃除とくしゃみ、鼻水、涙に目の腫れと浪合の星空は日本一だった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/5660829

この記事へのトラックバック一覧です: 対高森戦と、トレセン県交流大会(?):

« テーマソング | トップページ | 大掃除とくしゃみ、鼻水、涙に目の腫れと浪合の星空は日本一だった。 »