« 京つどエピソード1 「熱がある!!」 | トップページ | 京つどエピソード2「鍵がない!!」続 »

2006年11月12日 (日)

京つどエピソード2 「鍵がない!!」

 京都のつどい、エピソード2です。今回は私がおこしたドタバタ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・「鍵がない!!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今年で5回目の京都のつどいは、およそ40名の参加者が6班にわかれ、伏見稲荷でスズメを食べ、鳥居がずっと続く道を歩き、ぐるりと東福寺まで歩いた。時々雨が降る残念な天候の中だったが、なんだかうきうきした気分とともに、私たちは歩いた。私もひと班担当し、おしゃべりを楽しんだり、配布された課題用紙の問題を考えたりしながら歩いた。

 すずめはべらぼうにおいしかったわけじゃないが珍味としてはありだったし、お昼のノリ弁はなぜかいつもよりおいしかった。特に魔法瓶のお湯でつくったお吸い物がおいしかった。四つ辻付近から見る京都の街並みは雨で煙ったように見え、実に情緒的だった。

 清明舎から清滝に向かい、そこでふりかえりをする。沢蟹がたくさんいるところだった。各班ひとつづつ俳句を発表する場面では、その声が緑濃い谷に響き、なんともいい雰囲気だった。

 そこから東福寺まではもう一息。東福寺に到着すると、トイレ休憩をしてから三門(東福寺は山門ではなく、三門と表記する)に登った。これは計画になかったことだが、特別開放していたので(その上小学生無料!!)このチャンスを逃してはいけないと判断、みんなに登ってもらった。

 締めくくりのレクリエーション、記念写真と続き、そこで京都のこどもたちとのお別れ会をする。全員で握手をし、「さようなら」。京都のこどもたちは幾度も振り返りながら手を振り、別れを名残惜しそうに歩いていってくれた。

 私は全員に号令をかけた。「買い物班に組み替えてください」

 ハイキング班は男女混合・縦割り班だが、買い物班は嗜好の違いもあるだろうと考え、中学生は男女別、小学生も学年を配慮した構成とした。

 これからの予定を全体に話した。京阪電車に乗って四条にいくこと、私の班だけ車を付近にとめた関係で車で移動すること、集合場所は京都市役所ということなどを話した。

 こどもたちに話ながら、ズボンのポケットをいじっていた私はちょっといやな感じがした。車の鍵がない。上着のポケットも探ってみたが、ない。ザックにはいっているのだろうと思い、話終わってからザックを広げてみたが、やっぱりない。

 一緒の車に乗っていたスタッフに尋ねてみたが、「わからない」という返事。どういうこと?

 ズボンのポケットにも上着のポケットにも穴はあいていない。携帯電話とかキャラメルとかボールペンとか、鍵以外のものはちゃんと入っている。もう一度ザックをあける。モノを全部出してひとつずつ確認してみる。やっぱりない。

 もしかして、車にロックインしちゃった??

 この間、こどもたちはずっと待っている。これ以上待たせたくない。ロックインしたならJAFにお願いすればすぐなんとかなるだろう。ただ、JAFが車にくるまでの待ち時間などを考えると、こどもも一緒に行動させるのは良くないと判断、私の担当する班の子を別の班のスタッフに一時預かってもらうことにし、車をとめた駐車場に私ひとりで急行した。

 車は駐車場に鎮座していた。念のため車周辺をチェックしてみる。鍵は落ちていない。車の鍵は当然閉まったまま。窓も閉まっている。運転席や助手席をのぞいてみるが、見えるところに鍵はない。ハンドバックか、車を降りるときに着替えた上着のポケットにでも入っているのだろうか。私はJAFに連絡した。JAFの会員を継続しててよかった、と思った。

 女性の係の方が対応してくださり、こちらの状況と住所を伝えた。もよりのサービスマンがくるまで30分程度かかる、と教えてくれた。落ち着いた声で、ゆっくり話してくれるので、こちらの気分もいくらか落ち着く。

 私は私の班を託したスタッフに連絡、遺憾ながら私の班の子を分解し、別の班に1~2人ずつ振り分けるようお願いした。買い物班にはつい先ほど分かれたところなので、分解するなら早いほうがダメージが少ないだろうと判断した。こどもたちには申し訳ないが、しかし楽しい時間を持ち時間で侵食してしまうのはよくない。しかししかし、残念だったなあ。私も京の宵の町をこどもたちと歩きたかった・・・。

 そうこうしているうち、JAFが来てくれた。あたりはすっかり暗くなっていたが、例のJAF車がたいそう頼もしく見えた。

 だが、すぐには問題解決しなかった・・・。

(つづく) 

 

|

« 京つどエピソード1 「熱がある!!」 | トップページ | 京つどエピソード2「鍵がない!!」続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/4170702

この記事へのトラックバック一覧です: 京つどエピソード2 「鍵がない!!」:

« 京つどエピソード1 「熱がある!!」 | トップページ | 京つどエピソード2「鍵がない!!」続 »