« 浪合の演芸会 | トップページ | 帰ってきた!ナミレンジャー② »

2006年10月25日 (水)

帰ってきた!ナミレンジャー①

 え~、では今日から4日連続で、「帰ってきた!ナミレンジャー」のシナリオをアップしていきます。なお、このシナリオは原案のもので、これを元にさまざまな修正を現場で加えていますので、実際の劇とは一部言葉などが違うところがありますが、その点はご了承ください。

 

 ではでは・・・・・

「帰ってきた!ナミレンジャー」

(2006年浪合演芸会および治部坂高原小さな秋祭り上演作品)

配役

●新ナミレンジャー

赤 まあちゃん    

青(女子)ゆい

白 ひろ

黒 マリオ

黄(女子)みほ 

     ナミレンジャーロボ  いの

     阿部かんぞう あっくん

     先生 ハム

     校長先生 タグ

     ニートリアン 

ヤルキナシ こてつ

コニート ジョニー

ヒキコモリン サン

●ニートにされたこどもたち くずてつ、さくらんぼ、えっちゃん

オープニングナレーター はーちん

●エンディングナレーター ほり

「事件発生・・・?」

オープニングナレーター「ナミレンジャー。

それは、悪と戦うこどもスーパー戦隊。彼らはどこにでもいるふつうの小学生。いや、少し違う。彼らはただの小学生じゃなく、愛と勇気を学ぶため、阿智村浪合に山村留学に来ているこどもたちなのだ。今日もナミレンジャーは、平和な毎日が続くことを夢みながら、それと少し、遅刻しないかとか熊が出てこないかとか気にしながら、登校している。」

(登校する5人)

赤「ねえ、みんな、宿題ばっちりできてるか?」

青「うん、できてるよ。それより今日は歌の朝練があるから、ちょっと急いだ方がいいんじゃない?」

黒「毎朝たいへんだよな。ちょっとくらいさぼろうぜ」

黄「何いってんの。みんなに迷惑かけるでしょ? あなたそれでも正義の味方?」

黒「堅苦しいこというなよ。正義の味方だってやなものはある」

赤「黒、いやなことでもがんばらなきゃいけないところが、正義の味方っぽいところなんだよ」

Photo_52

黒「はいはい、わかってるよ、いってみただけ」

赤「でも・・・。確かに最近、朝練に休む子、多くなってないか?」

白「おれもそのことを思ってたんですよ。多いです。それも、毎日すこしづつ増えてる」

青「赤、これってもしかして、ワルの仕業じゃ・・・。」

下手から歩いて来るくる子。いかにもやる気なさそう。

白「あれ、あの子、5年の子じゃない? たしか、最近クラス委員になった阿部かんぞうくん。」

黄「あ、あの「美しいクラスをつくろう」とかいって張り切ってる子?」

阿部君、歩いて来る。ナミレンジャーたちとすれ違いざま

赤「おはよう、阿部君。どうしたんだい?学校は向こうのはずだけど」

阿部君「おはよう。・・・・なんだか学校行くのいやになって・・・」

赤「具合でも悪いのかい?」

阿部君「そうじゃないんだ。急にいろいろいやになっちゃって・・・。かえる、ぼく。」

そういって歩き始める阿部君。

阿部君の肩をつかみ問いかける赤。

赤「ちょっと待ちたまえ、阿部君。いやになったなんて君らしくない。選挙のときとかすごく張り切っていたじゃないか」

阿部君、振り向きもせず・・

阿部君「・・・そうだけど・・・  ああ、・・・なんかうっとうしいや、・・・じゃね」

そう言って行ってしまう阿部君。

赤「阿部君・・・」

黄「赤、なんかへんだよ。あの阿部君があんなふうになっちゃうなんて。」

青「そうよね、これはやっぱり、ワルのしわざよ。」

白「いや、こどもたちが無気力なのは、未来に希望を持てない日本のせいでは」

レンジャーそろって「話をややこしくしないで!」

赤「とにかく学校へ急ごう!」

黒「急ぐのかよ~」

青「何いってんの、黒、さ、みんないくわよ」

みな「おー!」

(つづく)

●記録 おしん

●照明、音響 ちゃづけ

●黒子 ぶんぶん

|

« 浪合の演芸会 | トップページ | 帰ってきた!ナミレンジャー② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/3947708

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた!ナミレンジャー①:

« 浪合の演芸会 | トップページ | 帰ってきた!ナミレンジャー② »