« で、昨日までの活動の様子です。 | トップページ | 浪合文化祭の準備して思ったこと »

2006年10月31日 (火)

本屋さんで。

mと本屋に行った。mになんか本を買ってやるぞ、といった。mはしばらくうろうろしていた。

mはここ連続して筒井康隆を読んでいる。短編集だ。だから、今回も筒井康隆で決まるだろう、と思っていたら、そうでもなさそうだ。私としては、「家族八景」を薦めたかったのだが、最近私が薦めた本には冷たい視線を与えることが多くなったmなので、ここは黙った。

mはしばらく単行本の棚をあちこちをうろうろしていた。やがて、ある作家の本が並んでいるところに立ち止まった。その作家は、内田康夫。mの目当ては、もちろん名探偵・浅見光彦シリーズだ。ただし、mは浅見のことはもちろん、内田氏の本も今まで読んだ事はない。たぶん「○○殺人事件」なんてタイトルが多い内田氏の作品に惹かれたのだろう。後、旅行好きってところも影響しているかもしれない。浅見光彦さんもあちこちで事件にまきこまれるようだしね。

ただ、私は内田氏の作品はひとつも読んだ事がない。浅見光彦のことも、なんとなく知っているだけの話だ。ドラマになった話もあるが、私は見たことがない。私にとっての名探偵はコナン金田一耕助(とりわけ石坂浩二)、明智小五郎(天知茂)、ホームズ(犬)、あと「ナーバスブレイクダウン」のふたり(byたがみよしひさ)なのだ。

mはその本を二日で読み終えた。なかなかのスピードである。いいぞいいぞ、と思うのである。

同じ日、私は辻仁成氏の「二十八光年の希望」という本を買った。集英社文庫だ。まだ1ページも読んでいない(笑)

|

« で、昨日までの活動の様子です。 | トップページ | 浪合文化祭の準備して思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/4035419

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋さんで。:

« で、昨日までの活動の様子です。 | トップページ | 浪合文化祭の準備して思ったこと »