« リーグ戦最終日見物 | トップページ | 今日の出来事 »

2006年9月19日 (火)

山羊小屋掃除に薪割り

 今日は運動会の振り替え休日。学校の先生はゴルフだそうです。ま、それはいいか(笑)

センターではゆっくりの8時半起床。それからご飯を食べて10時から小さな大掃除(週末の中掃除の愛称)。私は山羊小屋の掃除の当番でした。4人のこどもと一緒にやりました。

山羊のアイちゃんは今、左の後足をひきずっています。軽い腰麻痺だと獣医さんに言われました。腰麻痺は蚊が媒介します。ウィルスによるものなのかな。人間は体内にフィルターがあってそのウィルスを撃退するそうなのですが、山羊は丸腰で罹患してしまうことが多いとのこと。しかしアイちゃんの腰麻痺は軽い方で、食欲もあるし、何より立って移動する意欲は十分、そして実際立てているし動いているので、「ちょっと不自由そう」ってところ程度ですんでいます。注射も打ってもらいました。「これでよくなるかもしれないし、もしかしたら(効かずに)悪くなるかもしれん」と獣医さんはおっしゃっていましたが、おかげさまで悪化の傾向は見られていません。こどもたちはいつもよりさらにアイちゃんに優しく接しています。

山羊小屋の掃除をしている間に、鳥小屋の修理もしちゃいました。破れた網を張り替えるだけでしたが、キレイになるとうれしいもんですね。そしてその感覚を知って欲しくて、こどもがいる時間にやるんです。そうそう、山羊小屋掃除では糞尿に汚れた切り藁を集めて外に出し、新しい切り藁を敷いてやるのですが、汚れた切り藁は畑の畝間に敷き詰めます。これが畑の肥料になる、というわけです。

山羊小屋掃除の後は薪割り。これには他の小さな大掃除担当が終わった子たちも続々と合流してきます。薪割り機をつかって1Mくらいの丸太をバンバン割り、チェンソーで半分に切ってから薪小屋に積んでいく、という作業。薪割り機のオペレーターは年中のヨシくん(センタースタッフの子)。センター生は適宜役割分担しながらもくもくと作業を進めていきます。およそ2時間程度でお昼なのですが、その2時間みっちり動きました。現場で遊んでいる子がいなかったことは賞賛に値します。

別に薪割りができなくても今の人生は十分やっていけると思いますが、重い丸太の運び方は最小の力で最大の作業をする工夫が必要ですし、木の目のむきの見極め方は観察力を養います。(木の目に沿って割ると、すごく簡単に、キレイに割れるんです) 役割分担をして作業を進めていくことからも、いろんなことが学べます。

なんでもやってみる。成果はそこに隠れてる。そんなことかな、なんて思いながら、私も2時間、汗を流していました。

|

« リーグ戦最終日見物 | トップページ | 今日の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/3504222

この記事へのトラックバック一覧です: 山羊小屋掃除に薪割り:

« リーグ戦最終日見物 | トップページ | 今日の出来事 »