« とうもろこしと枝豆の収穫、それから水泳記録会 | トップページ | エアドーム型プラネタリウム »

2006年8月26日 (土)

siの新人戦

飯伊地区の少年サッカー新人戦がありました。

siが所属するアザリー飯田は予選A組。4チームが2試合づつのリーグ戦を行い、上位2チームが決勝にいけます。初戦は丸山が相手。前半siは3バックの左。あ、ちなみにこの大会は8人制サッカーです。幸先よくアザリーが先制し、どうにか無失点に抑えて前半終了。キーパーのハタチくんがなかなかよい動きを見Photo_41せてくれました。後半siは1枚あがって左のMF。得意とするポジションです。ここでsi、大活躍。後半20分で3回ゴールを揺らし、5-0のスコアでの勝利に貢献しました。どれも左サイド開いたところでボールをもらい、相手選手を2~3人振り切って中に切れ込んでシュート!というパターン。3ゴール目は角度の無いところからのループでキーパーの頭を越えてゴール。歓声を受けていました。なかなかいいのですが、1本決定的なのをはずしており、これは残念。やはり切れ込みすぎて角度をなくしてしまったようです。

2試合目は飯田SCとの対戦。飯田は強敵です。siはトップ下出場。アザリー、またしても先制します。2勝あげれば決勝トーナメントに進めるので、チームも盛り上がりますが、しかし守備が不安定。・・・守備、というより、ボールに対するアプローチが中途半端。ボールを持っている敵の選手まで駆け寄るのですが、そこまでなんです。お見合いをするような形になって結局逃げられちゃう。じわりじわりと追い詰められます。敵チームの右MFは「10」を背負った長身の選手。彼が攻撃の起点となり、アザリーを苦しめます。再三シュートを浴びるアザリー。siはこのゲーム、トップ下起用。10番君とのマッチアップをさけたのでしょう。siに守備させず、攻撃を、ということだったのだと思いますが、siは密集地帯ができやすい真ん中で仕事をさせてもらえません。一度ゴール前で張っていて右サイドからきたこぼれ玉をボレーで打って!って場面がありましたが、枠を捉え切れませんでした。si、ボールをもらいに顔を出す動きもやや不十分。そのうち10番君が右サイドから中に切り込みながら強烈なシュートを放って同点に追いつかれます。うーん、10番君にマークはつくのですが、しかしプレスがどうしても甘くなってしまう。アプローチまではするのですが、チャレンジが足らないように思いました。あと、全体的にチーム主力の動きが鈍い。これは試合前に全力で遊びすぎ(笑)前半は1-1で終了。

さて、後半。siはかわらずトップ下。10番君は後半も活躍します。右サイド深いところの混戦に勝ってゴール前にクロス。フリーで待つ選手がしっかり決めて勝ち越しを食らいます。アザリーは10番君をつかまえようとマークの枚数を増やします。そうすると右サイドに密集ができやすくなり、siの周囲にスペースが生まれます。siがボールを受けやすくなりました。スペースがあると、仕事をしやすくなります。siがボールをもらい、ドリブルで前線に切り込んでいく場面が増えました。シュートも放ちますが決まりません。でも、攻撃の型はできてきた、相手はそれに対応しきれていない、これは得点の可能性があるぞ。しかし、サッカーはいろんなことが起こります。最後尾からのロングフィードをセンターサークル付近で受けたsi、ゴールに向かってドリブル開始。ひとり、ふたりとかわし、もうPA目前。さあどうやってゴールを奪う?って時に、後ろから足をひっかけられ大きく吹っ飛びます。相手守備陣もこれを止めないとマズイ!と本気で思ったのでしょう。si、起き上がれません。顔を真っ赤に、そしてくしゃくしゃにしています。汗と涙と泥でぐちゃぐちゃの顔。チームメイトが駆け寄ります。起き上がれないsi。結局コーチが抱きかかえ、ベンチに下がります。si、無念の負傷退場。ゲームは飯田の攻撃をアザリーがなんとか凌いだものの同点に追いつくことはできず1-2で敗退。しかし得失点差でA組2位を獲得したアザリーは決勝トーナメントに進むことができました。

 私はここで観戦終了。午後から仕事だったので、グランドを後にしました。家内がsiにはつきそっていたのですが、siの負傷は打撲程度でたいしたことなく、私にいわせれば「痛がりすぎ」。たぶんファウルを受けた後でもプレイは可能だったのではないでしょうか。しかし痛がる子を使う監督はいないでしょうからあそこでの退場、交代は当然だと思います。そしてsiは、結局決勝トーナメントで出場することはできませんでした。そしてアザリー飯田は2-0とリードしておきながら、2-3とよもやの大逆転負けを喫し、県大会出場はなりませんでした。ああ、残念。

本日のアザリー飯田の結果。

1勝2敗。得点8、失点5 (プラス8) 予選A組2位、決勝トーナメント1回戦敗退。

本日のsiの結果。

2試合出場(うち1試合は後半12分交代)、3得点

siは、だいたいオーバーアクションです。スポーツクラブでもそう。友達とサッカーやるときもそう。でも人数が少ないところは痛がっている間まってくれるし、交代の選手だっているわけじゃないので続いて出場できる。でもアザリー飯田は違う。後ろに控えている選手はいくらでもいる。「痛い?じゃ、交代」「痛い?じゃ、おまえ(他の子)いけ」。そうなるに決まってる。しかしその厳しさをsiは今まで知らないできた。この大会でsiが一番学んだことがその厳しさだったらいいなあ、と思うのだよ、父は。

今夜はちょーオモシロイ星空観察会もあったのですが、その話題はまた明日。

|

« とうもろこしと枝豆の収穫、それから水泳記録会 | トップページ | エアドーム型プラネタリウム »

コメント

siの出場できなかった試合に関して・・・。
前半に2-0とリードしたのですが、その2点は「siくんが出場できないからオレたちががんばらないと」とチームの仲間ががんばって取れた2点だったようです。試合終了後、そんなことをチームメイトが言ってくれたそうです。また、試合に入る前も、「siが出れないのか~、じゃ、オレたちが頑張らないと」と言ってくれたとか。付き添っていた家内から聞きました。父親の私は、じわあっと感動してしまいました。いい仲間でよかったね、si。

投稿: kzfe | 2006年8月28日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/3221183

この記事へのトラックバック一覧です: siの新人戦:

« とうもろこしと枝豆の収穫、それから水泳記録会 | トップページ | エアドーム型プラネタリウム »