« 草刈をしながら思うこと | トップページ | こどもの写真 »

2006年7月11日 (火)

中学校との懇談会

 今日もいろんなことがあった一日です。ざっとおさらい。

9時~役場経済振興課の方と夏のイベントの打ち合わせ

10時~ニューヨークなみあいキャンプ打ち合わせ

10時半~経理係、総務係と打ち合わせ

11時~浪合スポーツクラブ夏休みイベント立案、草刈

14時~通年係と打ち合わせ>一学期解散日の時間確認など

15時20分~ニューヨークなみあいキャンプ、ホストファミリー宅へ挨拶

15時40分~浪合中学校とセンターの懇談会

17時~通年センターにて下校してきたこどもたちの対応。

19時~阿智村公民館にてニュージーランドホームステイ旅行第2回勉強会参加

21時~センター着、片付けなどして「おつかれさまでしたー」

で、今日はそのなかから浪合中学校との懇談会の話題を少し。

 そこではセンターに所属する中学生の話題がひとりひとり出され、生徒理解を深めることをするのですが、その折に参考ということで、「現・山村留学生の保護者アンケートの回答」という話題も出ました。(なお、これは浪合小中学校の校長先生が現在取りまとめされているもので、最終的な研究報告はまだ先になります)

アンケート回答の中から、いくつかをピックアップします。

1・山村留学して、以前より向上したと思われることはどんなことか?また学校教育の中でプラスになっていると思われることは?

・体力、食欲、遊びへの取り組みや意欲、自然への興味・関心。

・体力がついたこと、我慢すること、面倒をしること。

・学習に対する姿勢が前向きになった。

・とても意欲的になった。

・こどものよいところをグーンと引き伸ばしてもらった。勉強は楽しいものだと思わせてもらえた。

・一人ひとりが大切にされていると感じます。

2・山村留学して以前より思わしくないと思われること、心配なことは?

・学力低下が心配。

・我慢しすぎることがないか心配。

・なし。(←これが結構多い)

・・・結構いい評価をくださっているようで、うれしかったです。そして保護者の方がもっとも心配されていることが「学力低下」だということがわかり、これもありがたかったです。

 しかし、こどもの生活はもちろん、運動も勉強も見させてもらっている私は思います。山村留学に来て学力が低下することはまずないです。もっとも、超有名進学高に進めるほどの学力を期待されているのならば話は別ですが。それならば最初から山村留学を選択することが間違いといっていいでしょう。学力は、どちらかというと、伸びる子の方が多いです。成績表がそれを物語っています。伸びない子は、責任逃れをするつもりはありませんが、これまでの蓄積不足に問題があるケースが多いです。

 勉強不足は時限爆弾みたいなものです。虫歯、あるいは生活習慣病みたいなものと言ってもいいかもしれません。宿題や試験を除き、今やらないことが明日結果として出ることは少ないです。しかし怠慢はいずれ必ずキチンと形になって現れます。現れないはずないじゃありませんか。しなかったことはできないのです。わが子にさせなかったことを、わが子ができるようになるはずないでしょう。

 これは運動にしても、生活技術にしても、また道徳心というものにしても、全部同じことが言えると思います。やらないことはできません。そしてできるようになるには、繰り返しのトレーニングが不可欠です。創造力は反復学習からは生まれないように錯覚されがちですが、実際はそうではありません。繰り返しの中からひらめきが生まれるのです。ひらめきが生まれるためには、熟練を要する。逆にいうと、熟練しなければ、ひらめきようがない、ということです。

 そういう意味で、学校がカリキュラムを削減してしまったのは非常にもったいない。しかしそれ以上に、地域や家庭の教育力がなくなってきていることがとても大きな問題に思えてなりません。なんといっても、こどもが最初に学ぶところは学校ではなく家庭です。それから地域で支えられ、そして、学校の出番なのです。学校に通うようになったら「学校に全部おまかせ~」というわけにはもちろんいかず、家庭、地域、学校が三位一体になってこどもを育んでいくというのが本来の有り様なのです。

 山村留学における家庭は、通年センターです。地域は、ご存知のとおり、自然もコミュニティもきちんと存在してありがたい限りですから、通年センターが家庭の教育機能をいい加減にできるはずはありません。学力低下どころか、学力向上が当たり前のセンターにして見せましょう。運動も、生活技術も、道徳心も。もちろんここに来るまでの蓄積が大きくものを言ってしまいますが、しかし濃密な一年はそれに匹敵するかもしれません。・・・それにしても限界は絶対ありますが。

 ともあれ、通年センターの奮闘、ご期待ください。

 

 とかいっちゃって、実際はこどもががんばるってことなんですけどね。でもがんばらないで身につくことなんて少ないですよね。がんばりすぎて壊れちゃってはいけませんが。

|

« 草刈をしながら思うこと | トップページ | こどもの写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/2616353

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校との懇談会:

« 草刈をしながら思うこと | トップページ | こどもの写真 »