« 阿智村商工会女性部の視察 | トップページ | 親子でただ、焼肉を・・・そしたら! »

2006年7月14日 (金)

稲盛和夫著「生きる」

 京セラの名誉会長にしてKDDIの設立者たる稲盛氏。その人生論をまとめたのがこの「生きる」。技術屋あがりの人の文章は私は好きで、その明晰さとけれん味の無さは稲盛氏の文章にも再度再度あわられてきて、すいすい読めてしまいます。平易な文章のなかに、きらきら光る人生観、仕事観という宝が出てきます。

たとえば「人生も経営も、シンプルがいい」なんて章があります。私もそのタイトルの通りだなと思います。この言葉は、「たいまつ」で有名な ものたけじ さんの言葉にも通じるところがありそうだな、と私は思いました。

たいまつの中に、「本当の決意は短い言葉であらわせる、短い言葉にこそ、本気が宿る」といった主旨の言葉がありまます。そうだよなあ、と私は納得しちゃっていますが、これも先の「人生も経営も、・・・・」とつながっているような気がしてなりません。うろ覚えですが、ホーキンズ博士も科学の分野に関し似たようなことを言っていたように記憶します。

道を究めた人の言葉は似てくるといいますが、本当なのでしょうかね。私はかなり、本当だと思っていますが。稲盛さんは京都パープルサンガのメインスポンサー「京セラ」の名誉会長さんです。結構本気になってあつく観戦してらっしゃるようです。ポケットマネーでサンガのサッカー専用スタジアムをつくるぞ、とまで言ってくださったのですが、その話は流れてしまったようです(残念~)

|

« 阿智村商工会女性部の視察 | トップページ | 親子でただ、焼肉を・・・そしたら! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/2658318

この記事へのトラックバック一覧です: 稲盛和夫著「生きる」:

« 阿智村商工会女性部の視察 | トップページ | 親子でただ、焼肉を・・・そしたら! »