« イモチーズダッチとか交流サッカーとか | トップページ | 中学校との懇談会 »

2006年7月10日 (月)

草刈をしながら思うこと

 今日は一日曇りでした。これはチャンスを、草刈をしました。草刈機にガソリンを詰め、エンジンをまわし、がしがしと周囲の草を刈って行きます。作業前に刃の交換をしたので、切れ味は抜群。いつも手鎌を持ち歩き、気になるところはちょこちょこ刈っているのですが、能率はぜんぜん違います。がんがん進みます。

 草刈機で草刈すると、その能率のよさがややもすると裏目に出ることがあります。気持ちよくそして勢いよくガアーっと進むので、ついつい、キレイに咲いている野草まで刈ってしまったりするんです。たとえばヒヨドリバナ、トラノオ、ノハナショウブ。実のなっている野草も同じです。この季節だと、モミジイチゴ。これから実がなりそうなナワシロイチゴも受難ですね。手鎌だと、そういうことはまずないです。刈りながらも、「こいつは残そう」という意図はまず間違いなく外さずにすみます。けど、時間がかかるんですよね。道の脇や建物のまわりは手鎌でやりますが、面積が広い土手や広場などはどうしても草刈機を使いたくなる。そうすると、贔屓にしたい野草を蹂躙してしまう。もちろん気をつけて刈りますし、いくらか刈り残すこともできるのですが、それでも「あ、やっちまった」と思う回数は多いです。ですからいつも、草刈機での作業が終わった後は、草刈作業終了時の爽快さとは別に、いくばくかのやりきれなさが残ってしまう私なのです。

 草刈が終わったあと、汗でぐっしょりとなった服を着替え、こどもたちの下校を待ちます。こどもたちが帰ってくると俄然元気になるセンター。しかしこの時期、靴および靴下がくさいんですよね~(笑) 靴を洗おうにも、梅雨でなかなかチャンスがこない。

 それと、今日は書道の日。14人の園生のうち、3人が参加しています。早めに夕食を食べ、支所公民館へGO。それから2時間しっかり字のお稽古をしてきます。村の子や大人も一緒に受講していますので、地域との交流にもなっています。そうそう、うちの職員も受講しているので、園生たちにしてみるといつもとは違う、ちょっと不思議な人間関係がそこにある(笑) ちなみに時間は6時から8時までです。

 ところでジダンがなぜ頭突きしたのか、いまだその理由は釈然としていません。「かっとなることがある」ジダンだそうで、かつてCLでも頭突きをくれてやったことがあったとか。それにしても、自分の最後のゲームで、しかもW杯ファイナルの延長後半という瀬戸際で、なんであんなことが。結局ジダンは今W杯のMVPに選出されたようですが、だからなおさら、あの暴力行為が残念でなりません・・・。

|

« イモチーズダッチとか交流サッカーとか | トップページ | 中学校との懇談会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/2605764

この記事へのトラックバック一覧です: 草刈をしながら思うこと:

« イモチーズダッチとか交流サッカーとか | トップページ | 中学校との懇談会 »