« オシム! | トップページ | 合併して半年が過ぎました。 »

2006年6月25日 (日)

自分の力のホントのところ

ごめんなさい。今日も以前書いた作文でお茶を濁しちゃいます。

この作文は、昨夏のアドベンチャーキャンプの報告書に寄せた文章です。たぶんこのブログには初登場だと思うのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 汗を流し、涙を流し、そうしてたどり着いた剣が峰。
 背中の荷物は重いし、足場は悪いし、呼吸も苦しい。でも歩かなくっちゃいけない。足が重いよ。
 一足一足、進まないと目的地にはつかない。一足一足進むたび、戻ることも困難になる。だから行くしかない。行くしかないけど、でも、しんどい。

わたしに行けるかな?
 
 わたしに歩けるかな?

 そんな不安がきっと心のなかをグルグル駆け回ったこともあるだろう。でも、歩けたね。汗も涙も流れたけど、歩き切れたね。
 そんな力が、あなたにもあったんだよ。畳平への下り道、そっちから登ってきた登山者が目をまるくして驚いていたね。
「そんな大きい荷物を持って、高山の方から来たのかね!?」
  
 あなたたちの力は、決して小さくない。できることは、自分が思っていることより(もしかして、あなただけでなく、あなたの身近な大人が思っているよりも)もっとたくさんあるんだよ。そのことに気がついてほしい。
 力を発揮する、ということは、でも簡単なことじゃない。発揮できるようにするためには、それなりの努力とか、思い切りとか、あと、自信とかが必要だと思う。それらなしに、あなたの力は発揮できないよ。
 だけど。
 あなたの力は、決して小さくはないんだ。今回のキャンプで、きっとあなたも、そのことが分かったんじゃないかな?

 くりかえしこのキャンプに参加してくれる人がいます。その人たちは、もしかすると、自分の力がどれだけ伸びたか、その確認をするために、来てくれているかもしれない。
そんなことを思いながら、私も一足一足、乗鞍への道を踏みしめ踏みしめ、歩いていました。

|

« オシム! | トップページ | 合併して半年が過ぎました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/2395003

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の力のホントのところ:

« オシム! | トップページ | 合併して半年が過ぎました。 »