« 自転車ツーリングキャンプ1日目 | トップページ | 光悦寺 »

2006年5月 4日 (木)

自転車ツーリングキャンプ二日目

さて、二日目。これも公式レポはこちらを参照してください。

キャンプ場から今日のスタート地点(昨日のゴール地点)までは車で移送。自転車はゴール地点に置いておいたのです。もちろん、チェーンして、ブルーシートかぶせて、「ツーリングキャンプ中云々」という張り紙つけて。

県道(18号 中川村)…「最高!」ホント、最高!駒ケ岳は右手にずどんと見えています。朝日を浴びて、それはそれは立体的。かっこいいったらありゃしない!朝のさわやかな風の中、すいすい進みます。途中、猿の群れに出会いました。群れはたぶん二つ。春だからでしょう、小さい猿もたくさんいました。「はじめて野生の猿見た!」そんな子がたくさんいて、いいもの見れたなあとうれしくなりました。

Koreiiyone

この写真は中川村の下平あたりで撮影したものです。公式日記のものと同じでしたね。失礼しました(笑) あ、でも公式日記の写真の方が色とコントラストをいじって硬調な写真になってますので(笑)

県道(18号 松川町)…「さあ、そろそろ来るぞ・・・」天竜川の川沿いを走るのはここまで。台城橋をわたっていくらか川沿いに走ると、いよいよ河岸段丘を西に登ります・・・。

南信州フルーツロードへの登り道…「みんな!がんばれ!!」きびしい登りが続きます。私も息を乱し、筋肉をフルに動かしてペダルをこぎます。5年生以上の子でも、自転車に乗りなれていない子や体力に自信がない子は自転車を押して登っています。

南信州フルーツロード…「時間がおしてきたなあ」アップダウンの続く道。太陽にあぶられ、気温もあがってきており、さらに体力が消耗気味の子が増えたため、進行がにぶくなっています。つらい時間帯が続きます。「早く涼しいところでお昼ごはんを食べられるようにしないと」。予定していたのは大宮神社ですが、私は斥候に出かけ、お昼を食べる適地を探し始めました。その結果、予定地よりも1.2キロ手前にある黒田の諏訪神社でお昼を食べることにしました。

諏訪神社にて…「涼しいなあ。おいしいなあ」神社はえらい。必ず杜がある。ってことは木陰がたくさん。なので涼しい。お昼はホカホカ亭のノリ弁などなど。ほてった体を癒し、エネルギーを蓄えます。ここで飲んだオレンジジュースはおいしかったし、差し入れで持ってきてくれたソーダアイスもおいしかったなあ。

飯田市内…「楽勝じゃん。お昼は大宮神社まで来れたんじゃないの?」エネルギー補給したからこその発言ですが(笑)

松川への下り道…「この下り、なくていいから、次の登りもなしにしてくれ」 ・・・不毛。

松川からの登り道(農免道路)… 「あついくるしいせつないしんどい」 これほんと。こどもたち、ものすごくがんばりました。たくましい連中は私より絶対強いです。がんがん煽られていました。

登りきってからの農免道路…「あはあ~気持ちいい~」坂道を登りきったからこその快感。やっぱあってもいいわ、登り道(笑)

国道153号線…「どわ!車渋滞してるじゃん!!」飯田市山本の東端から国道153号線に合流。そうなんだ、今はGW。世間との接点を再び取り戻した感じ。このまま153号線を走り(一部旧道も選択しましたが)、いよいよゴールへ。

昼神温泉…「やった~!みんな無事だぞ~」 正直、そのことが一番。ほっとしました。もちろんできると踏んでの活動ですが、しかし無事故であるということは、本当にうれしいことなのです。

それからみんなは温泉で旅の垢を落とし、私はその間、スタッフひとりと自転車をセンターに運搬。家内がマイクロバスを運転して入浴したこどもたちを迎えに行ってくれます。センターに全員とすべての荷物が到着したらすみやかに後片付け。ちゃきちゃき動く山村留学生。ツーリングキャンプをやったからこその動き。疲れていても、やることはやるんです。で、満開になった桜の木の下で記念写真、円陣組んで感想発表、団結踊りと進みます。全日程終了が18時30分。みんな、ご苦労様でした。みんなと一緒にツーリングキャンプができて、うれしかったです。

■走行距離・・・およそ100キロ。
■活動時間・・・初日7時間、二日目7時間、合計14時間(ただし休憩時間含む)
■走行時間・・・初日5時間、二日目5時間、合計10時間(ただし大凡)
■平均時速・・・10キロ/h
■引率スタッフ・・・引率スタッフ 男性2名、女性2名(ただし女性1名は初日と二日目で交代)   緊急時対応バックアップスタッフ常時1名(センター詰)。
■参加児童生徒・・・全16名(2年生2人、3年生1人、4年生2人、5年生3人、6年生3人、中1生3人、中2生1人、中3生1人 男子12人、女子4人)
■自転車台数・・・2,3年生向け2台、4年生向け1台、スタッフ向け2台、ほかは各1台づつ。
■伴走車・・・ハイエース、キャブ
■食事・・・初日昼食-豚丼(テイクアウト)他、初日夕食-カレーライス他、二日目朝食-カップラーメン他、二日目昼食-のり弁他
■spesial thanks…諏訪湖釜口水門、飯島町与田切公園キャンプ場、諏訪神社、さくらんぼ、そしてすばらしい天気と伊那谷の見事な景色。

 で、だ。京都パープルサンガは5月3日のホーム 対新潟戦を1-1のドローで終えている。1-0でリードしていて、相手が10人になったにも関わらず、だ。ツーリング中、京都の特派員から「京都リード」の情報がメールで飛び込んできたときはペダルを踏むのも軽やかだったが、「結局ドロー。こりゃ降格くさい」というメールが来たときには、重力が1.2倍くらいになったものでしたよ、はい。4日にはもう切り替えていましたがね。

でも・・・手島が骨折ってか。イタタタ。

そうそう、そしてゴール直前で私の脳裏に浮かんだ音楽は、なぜか「琵琶湖周航の唄」でした。頭の中ではフルオーケストラの仰々しい演奏でした。この歌の旋律も、私大好きです。もちろん歌詞も、それから加藤登紀子さんの歌声も。

|

« 自転車ツーリングキャンプ1日目 | トップページ | 光悦寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/1709440

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車ツーリングキャンプ二日目:

« 自転車ツーリングキャンプ1日目 | トップページ | 光悦寺 »