« 監査員さん来館。登下校について。 | トップページ | 参観日 »

2006年4月27日 (木)

ラーメンの夜

 今日の夕飯はラーメンにしました。センターでラーメンを作るのは忙しく、楽しいです。テキパキしないと16人を次々につくることは難しくなります。そもそも、のびちゃうし。段取り力をもっとも要求されるのがラーメンだといっていいかもしれません。

 今日の食事当番はサンとユイ。担当相談員は私です。

 まずはお湯を沸かします。やかん2個と大なべ1個。やかんの湯はスープ用、大なべの湯はラーメンをゆでるためのものです。沸かしている間にユイにはキャベツ2玉をざく切りしてもらいます。サンにはお米をといで炊飯器にセットしてもらいました。ラーメンだけじゃ足りない子のためです。ニラを切り、わかめを水で戻し、ねぎを小口に切りそろえます。キャベツはいためてラーメンに乗せるつもりでしたが、あわせる食材はいつもなら豚肉なんですが、今日はさば缶にしてみました。今日のラーメンのスープは味噌味。ちょっと和風味のテイストを入れてみようかと。それからラーメンの袋をといて、麺とスープの素を取り出します。麺は麺、スープの素はスープの素で別にします。

 やかんのお湯が沸きました。魔法瓶に入れます。コンロがふたつあきました。今度はゆで卵をつくります。それから中華なべを取り出し、ごま油をしき、キャベツ、ニラ、さば缶を投入します。ジャッジャッといため、塩コショウで味を調えます。

 ここでちょっと小休止。ゆで卵ができあがるのを待ちます。

 ゆで卵があがりました。サンとユイが皮をむいてくれます。皮がむけたら縦に半分に切ります。これで具はすべて準備完了!

 さあ!戦闘開始だ(笑)

 大きななべにラーメンをゆでる籠を4つ入れます。そして麺を投入。どんぶりにスープの素をあけ、スタンバイしておきます。2分で麺はゆであがります。その直前にスープの素が入ったどんぶりにお湯を入れます。お湯係はサンです。「お湯!」「ハイ」「麺入れたよ~」「あいよ」リズム感いい掛け声が台所に響きます。スープ入りのどんぶりにゆであがった麺を入れ、ゆで卵、さばキャベツ、ねぎ、わかめをのせてできあがり。ユイは周辺の片付けをちゃかちゃかしてくれます。同時に4人前しかできないので、小さい子から順番に呼んで食べてもらいます。

 これを4回繰り返すと、全員分になります。片付けながら進めるので、終わるころには台所もかなりキレイになっています。食事当番分は最後。できあがったラーメンを持って大広間のテーブルに座った時、なんともいえない幸福感に満たされます(笑)

 低学年の子はまだ食べています。中学生は食べ終わり、ごはんを食べている子もいます。さばキャベツは残っているので、それを乗っけて食べています。小さい子から順に食べると、食べるスピードが違うので、食べ終わりはだいたい同じになり、調子がいいです。

 食べ終わったらいつもの段取り。

 それにしても、おいしくできた。よかったです。食事当番さん、ご苦労様でした。

|

« 監査員さん来館。登下校について。 | トップページ | 参観日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/1601115

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンの夜:

« 監査員さん来館。登下校について。 | トップページ | 参観日 »