« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

こどもと漫画、それから私

 漫画を購入。こどもがこどものうちに読んでほしい漫画です。

今までもそうやって漫画を購入してきました。

まずは、うちの本棚にある、もしくはあった漫画を紹介しましょう。

「キャプテン翼」「キャプテン翼ジュニアユース編」

「ドラえもん」(コンビニ本ね)

「ブラックジャック」(コンビニ本ね)

「天使な小生意気」

「マスターキートン」

「エースをねらえ」(コンビニ本ね)

「美貌の果実」

「甲子園の空に笑え」

「銀のロマンチック わはは」

あとは・・・忘れた。だいたい、だいぶんリストラしたのであまりうちにはありません。

それで今日購入したのは、

パスポートブルー」と「ファンタジスタ」。ふたつとも私が20代のころに連載が始まった作品だったと思います。ともに少年サンデー。

面白いですよ。パスポートブルーには少年の夢がぎゅっと詰まっていますし、ファンタジスタにはキャプテン翼以上にサッカーの魅力が凝縮されています。

でもね。こどもに自分の好きな漫画を与えるって、なんだがサブカルチャーをカルチャーに持ち上げてしまう気まずさを感じてしまいます。なんていうかな、無毒化してしまうって感じ。こどもに作品を紹介することで、その漫画の魅力の何パーセントかを削ってしまってるんじゃないかな、と。

ま、まだ一番上が中一。いずれ、私を面白がらせるような漫画を、自分の小遣いで買ってくるようになるんだろうな、と思うと、楽しみでもあるのですが。

続きを読む "こどもと漫画、それから私"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

元園生

センターを修園していった子のことを元園生といいます。略して元園(もとえん)。

元園の子どもたちからのいろいろな支えはセンターの大事な宝物のひとつです。

支え方にもいろいろありますが、たとえば今日に限定すると、中2の女の子(もちろん元園)が手伝いに来てくれています。彼女は6年生の時に1年間いてくれた子です。今日に限らず、時々手伝いに来てくれては、いい雰囲気をつくりだしていってくれます。ソフトボール部に所属する彼女は、キャッチボールも結構できます。これはうれしい(笑)

それから今日はずいぶん久しぶりに電話をかけてきてくれた元園がいました。5年前に修園した子です。中3卒業と同時に修園していった子ですから、今19歳ですか。特にこれといった用があったわけではないのですが、近況報告から始まっていろんなことを話してくれました。特別長電話したわけじゃないのですが、しかしこうして気にかけてくれているところがうれしいじゃないですか。そして「お互いがんばろうな」なんて言える今があることを本当にありがたく思うのです。

あと、やはり元園の子で、時々ボランティアで手伝いに来てくれる子がいるのですが、その子が「また手伝いに行きたいけど、GWなんてどう?」みたいなことを言ってきてくれたそうです。これもありがたい。うれしいことです。

感謝、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

参観日

 今日は参観日。

山村留学のこどもがひさしぶりにお母さん、お父さんに会える日です。こどもたちも楽しみにしていました。

でも、もっと楽しみにしていたのはお母さん、お父さんでしょう。

お昼から授業参観、そのあと学年PTA、PTA総会、そしてセンター保護者懇談会が終わたのが18時。半日スケジュールまんぱんの忙しさでしたが、その後は多くの家庭が子どもと一緒の夜を楽しみます。14人のこどものうち、11人がそんな夜を過ごします。(残った3人は切ない気持ちでしょうが、そこはスタッフがフォローします。)

 センター保護者懇談会で、お母さん、お父さんからこの1ヶ月の気持ちをそれぞれ吐露してもらう時間をつくりました。それぞれ様々な言葉で気持ちを話してくださいました。

 こどもとあって、涙がこぼれてしまい、「お母さん恥ずかしいからもっと後ろ行って」なんてこどもに言われてしまったお母さん。

「毎日何度もセンター日記(ブログ)を見ちゃうんです」というお母さん。

「こどもを山村留学に出したらさぞかし家の仕事ができるだろうな、と思っていたんだけど、実はそうじゃなくて、こどもがずいぶん手伝ってくれてたことがわかった。それに、なんだか心にぽかっと穴があいたみたいで、やる気が起きないのよね」

そんな話に、みなさんから「そうそう、私もいっしょ!」などと共感の言葉が出てきました。

こどももそうですが、親の方も大きな環境の変化にさらされた4月です。体調を崩された方もいらっしゃいました。そうして迎えた1ヶ月ぶりの再会。

子どもと一緒に、楽しい夜を過ごしてください。それがお互いにとってとても大切なことだと思うのです。久しぶりだとなかなか会話も弾まないかもしれませんが、会話が弾まなくても、一緒にいるってことで幸せを味わってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

ラーメンの夜

 今日の夕飯はラーメンにしました。センターでラーメンを作るのは忙しく、楽しいです。テキパキしないと16人を次々につくることは難しくなります。そもそも、のびちゃうし。段取り力をもっとも要求されるのがラーメンだといっていいかもしれません。

 今日の食事当番はサンとユイ。担当相談員は私です。

 まずはお湯を沸かします。やかん2個と大なべ1個。やかんの湯はスープ用、大なべの湯はラーメンをゆでるためのものです。沸かしている間にユイにはキャベツ2玉をざく切りしてもらいます。サンにはお米をといで炊飯器にセットしてもらいました。ラーメンだけじゃ足りない子のためです。ニラを切り、わかめを水で戻し、ねぎを小口に切りそろえます。キャベツはいためてラーメンに乗せるつもりでしたが、あわせる食材はいつもなら豚肉なんですが、今日はさば缶にしてみました。今日のラーメンのスープは味噌味。ちょっと和風味のテイストを入れてみようかと。それからラーメンの袋をといて、麺とスープの素を取り出します。麺は麺、スープの素はスープの素で別にします。

 やかんのお湯が沸きました。魔法瓶に入れます。コンロがふたつあきました。今度はゆで卵をつくります。それから中華なべを取り出し、ごま油をしき、キャベツ、ニラ、さば缶を投入します。ジャッジャッといため、塩コショウで味を調えます。

 ここでちょっと小休止。ゆで卵ができあがるのを待ちます。

 ゆで卵があがりました。サンとユイが皮をむいてくれます。皮がむけたら縦に半分に切ります。これで具はすべて準備完了!

 さあ!戦闘開始だ(笑)

 大きななべにラーメンをゆでる籠を4つ入れます。そして麺を投入。どんぶりにスープの素をあけ、スタンバイしておきます。2分で麺はゆであがります。その直前にスープの素が入ったどんぶりにお湯を入れます。お湯係はサンです。「お湯!」「ハイ」「麺入れたよ~」「あいよ」リズム感いい掛け声が台所に響きます。スープ入りのどんぶりにゆであがった麺を入れ、ゆで卵、さばキャベツ、ねぎ、わかめをのせてできあがり。ユイは周辺の片付けをちゃかちゃかしてくれます。同時に4人前しかできないので、小さい子から順番に呼んで食べてもらいます。

 これを4回繰り返すと、全員分になります。片付けながら進めるので、終わるころには台所もかなりキレイになっています。食事当番分は最後。できあがったラーメンを持って大広間のテーブルに座った時、なんともいえない幸福感に満たされます(笑)

 低学年の子はまだ食べています。中学生は食べ終わり、ごはんを食べている子もいます。さばキャベツは残っているので、それを乗っけて食べています。小さい子から順に食べると、食べるスピードが違うので、食べ終わりはだいたい同じになり、調子がいいです。

 食べ終わったらいつもの段取り。

 それにしても、おいしくできた。よかったです。食事当番さん、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

監査員さん来館。登下校について。

 今日はお昼ころ、阿智村の監査員さんが3名、センターに来られました。時間にして15分くらいでしょうか。私はこどもたちの様子を話し、施設を案内しました。やはりお風呂は「狭いなあ」とおっしゃっていただけました。まわりを見渡して、「ここを伸ばせば」「ここをこうすれば」と結構具体的なことを監査員さん同士が話していらっしゃいました。最終的にどうなるかわかりませんが、それでも新村でも支えてくださってる気がして、うれしいなあと思いました。

 午後は学校の先生がセンターに来てくださり、こどもたちの登下校の問題について相談やら打ち合わせやらをしました。

 こどもたちもだいぶ山村留学のくらしに慣れてきたのですが、慣れてくると「自分らしさ」が出てきます。自分らしさの中には修正すべき欠点もあるでしょう。欠点がよく顔を出すのが、登下校です。なぜ登下校か。理由は簡単、指導者がいないからです。登下校では学校の先生もセンターの相談員も一緒ではありません。こどもだけになります。この時間帯なんです。この時間帯は本当にトラブルが多発します。

4月下旬のこの時期、比較的高い確率で、登下校中に口論をはじめとするいざこざが発生します。この問題がなくなるのに、たとえば昨年は半年くらいかかりました。まったく何も起きない年もありました。去年のことでいうと、トラブルがまったく発生しない班もあったのですが、発生する班は気の毒なことに本当に毎日何かありました。今年の園生も、この登下校問題に頭を悩ませる時期が来たようです。

この問題にあたるには、指導のさじ加減が繊細でなければなりません。大人がいない場面でどれだけきちんとした行動ができるか、それがこどもの本当の力をはかる絶好の機会だと思うのです。ですからスタッフも一緒に登下校するとかそういった対症療法的なことばかりをするよりかは、「自分たちで話し合って解決する方法を考えてごらん。方法が決まったら教えて。必要なことがあったらアドバイスするから」なんてことを言って、状況を把握しつつこどもたちに自治のトレーニングをさせる、ということが肝心だと思っています。またトラブルメーカーになっているこどもだけ指導するのではなく、チームの問題として他のこどもたちにも捉えかえさせることが重要だと思っています。なぜって、トラブルメーカーも好きで騒動をおこすわけではなく、チームの中でのダイナミズムがあって、その上での問題発生なのですから。

みんな仲良く笑っていたい。その気持ちはホンモノだから、それをいかに実現していくか。登下校においては、こどもたちだけでそのことを可能にしていかなければなりません。しかしこれも大事な成長の一場面。ちゃんと支援していきたいと思います。

続きを読む "監査員さん来館。登下校について。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

朝は雪ですよ(笑)

たまりませんね。どうりで寒いと思いました。

昨夜から宿直でした。朝こどもたちを学校に送り出して、掃除、洗濯などしてると、窓の外で雪が降ってます。天気予報じゃ晴れだったのに。

午前中いっぱい降ったかなあ。地温が高いので積もることはなかったですが。生協さんが食材を届けにきてくださったのですが、生協さんもこの雪には苦笑いでした。

学校とセンターの合同懇談会が5月1日に予定されているので、そのための資料作りを午前中しました。がんばって仕上げました。

さて印刷に入るか、というときに来客。岐阜県の安達学園の方が3名。アポはなかったのですが、話を聞いてみると浪合学校を見てきて、山村留学があることを知り、ここまできてくださったとのこと。忙しい時間ではありましたが、折角なのであがって頂き、20分ほど話をしました。

午後は地域の観光施設の連絡協議会に出席。途中で長野大学の中島先生が来てくださったので、地域福祉の実習やキャンプ実習、通年合宿実習などの打ち合わせをしました。

夕方センターに戻り、引継ぎ。

園生の中でお母さんからの手紙が来ることを本当に心待ちにしていたこどもがいました。その手紙が今日つき、その子はニコニコ。よかったなあ、と思いました。でも手紙はそのへんにおきっぱなしだったりします(笑) 後片付けまでは確認せずに帰ったのですが、でもきっと大事にしまったことだろうと思います。

夜は公民館の学習会で、松下拡(まつしたひろむ)先生の講話を聞きました。この先生、家内のお父さんの小学校の時の先生だそうです。で、おじいさんの同級生だとか。へええ、って感じでした。

今年の通年合宿(山村留学)、今日で20日目。新規生もだいぶ通年合宿生らしくなってきたし、チームとしてのまとまりの芽も出てきたように思います。しかしまだまだ序盤。これから、これから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

春の花の写真ですが。

私の住んでいる地区の桜はまだ蕾です。明日くらいからぼつぼつ咲くでしょうか。

ですが土手や原っぱには春の花がちらほら咲いています。それらの写真をちょっと紹介します。本来はmurasakizukinのフォトギャラリーのページに掲載するべきなのですが、ジツは私のパソコン、調子が悪くて今修理に出しているんです。murasakizukinを編集できるのはその修理中のパソコンなので、だからフォトギャラリーに写真を追加することは、今はムリなのです。作品はすべてEOS20D、レンズはEF50ミリマクロ(←もっとも私が愛用しているレンズです。100ミリマクロより出番が多い)で撮影しました。

Photo_1 Photo_2

Photo_3 Kasin

春の花・・・とか言って、スイセンばかりですね(笑)

またがんばってみます。

そうそう、今日は私たちの地区の例祭の日。一足早く、桜色の花が踊りに登場していました。それを、見つめる自治会長。写真は本日最後の踊りの場面です。自治会長さん、お疲れ様でした。

Jitikaityo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

桑の木

私の家の庭には桑の木があります。みなさんは桑の木をご存知ですか。

ご存知の方は多いでしょうが、うちの桑の木はデカイ。直径が太いので30~40センチくらいあります。大木、とまではいかないけど、立派な木とはいえます。

桑の木はうちの庭の東側に2株あります。株、とわざわざ言ったのは、桑の木の幹は下部でわかれるからです。旺盛な生命力を持つ木で、毎年ぐんぐん伸び、そして夏にもなるとたくさんの葉が茂ります。桑の木の木陰はとても気持ちいいです。ところが、うちの庭はその大部分が畑になっていて、気持ちがいい木陰ではあるのですが、しかし農作物の成長のさまたげにもなり、困りものでした。

そこで、去年の秋、幾本かの幹を切り、すっきりさせました。切った部分は畑につくねておきました。つくねておいて、春になったら、畑の季節の前に燃やそうと思っていました。

その時期が今です。しかも今日は風もなく絶好の焚き火日和。そこで家内と二人、つくねておいた桑の木をナタで細かくしながら燃やそうとしました。

ところが桑の木ってのは強いんですね。4~5ヶ月前に切った木なのに、まだ生きているんです。つまり、枯れていない。生木の状態です。その上、新しい枝を伸ばしてる。私は桑の木がこういうものであることを知っていたので、燃やすに難渋することは承知していました。だから炊きつけも十分用意しておいたのですが、炊きつけが燃えたところで、燃えてほしい桑の木はなかなか燃え出しません。火が小さくなると、また炊きつけを加えます。それど幾度か繰り返し、時々邪魔くさくなって灯油を注いだりして(家内には「灯油高いからヤメて」なんていわれましたが)、ようやく燃え始めました。燃え出すとこっちのものです。もう火が小さくなるなんてことはなく、かなりの量があった桑の木の伐採した部分はほぼすべて、今日のうちに燃やすことができました。

今は木の灰がたくさん畑にある状態です。これは畑の肥料になります。木の灰はカリウムをたくさん含んでいます。カリウムは植物の根を育てます。根野菜(うちは大根をよくつくります)を大きくするのはもちろん、すべての野菜の基本は根ですから、根を育てるということは、すべての野菜にとって良いということになります。畑に作物の種や苗を植える前に、木の灰は畑の土と混ぜてしまいます。

そんな作業をしていたら、となりのおじさんがじゃがいもの種イモをわけてくださいました。ラッキーって感じです(笑)

続きを読む "桑の木"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

長野県キャンプ協会理事会・総会

・・・でした。信州大学松本キャンパスで。

ですがその前に松本市美術館によってきました。そこでは写真家・本橋成一さんの写真展「ナジェージダ」(チェルノブイリ三部作)をやっていました。見事な写真でした。モノクロで、絞り込んだ作品の数々。見ていてつい、目頭が熱くなりました。

それと、もうひとつ「海洋堂フィギュア展」もやってて、大魔神の人間大の作品がお出迎え、綾波レイ(やっぱ人間大)がお見送りしてくれました。時間がなくてゆっくり見て回れませんでしたが、もう一度きたいなあ、と思ってしまいました。

で、長野県キャンプ協会ですが、13時から理事会。2時間ほどでいろいろ決めて、15時から総会です。事業報告、決算報告、事業計画、予算、その他が議題。理事のメンバーは多彩で、ざっくり言って大学の先生が半分、民間野外教育団体の責任者が半分って構成。事業計画では、今年は浪合でおもしろいことができそうです。また具体的になってきたらお知らせしますね。

 総会は16時すぎに終了。席をかえて、幾人かで松本の渚交差点のロイホに寄ってお茶。ドリンクバーなるものでお茶したのですが、愛想もへったくれもないドリンクバーは私はきらいですね。そこで30分のつもりが1時間にわたって談笑。その席上でOBSのsさんが「人のためだったらがんばれるんだよね」とサラリとおっしゃった言葉が印象に残りました。

 かえりに、信州大学教育学部の学生で山村留学に興味がある方がいらっしゃったのでセンターまでお連れしました。センターには今日、他に2名ボランティアの方がきてくださっています。センターは千客万来です。

続きを読む "長野県キャンプ協会理事会・総会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

議員さん来る、先生も来る来る

 前から知らせてもらっていたのですが、今日、阿智村の議員さんが通年センターに見学にこられました。朝からはりきって資料を作っていたのですが(遅いですか?)、予定より早く皆さんが来られたので、焦りました(笑)

 15分ほどですが、センターの山村留学の取り組みと、遊楽館の主催事業についてなどの話をしました。

 質疑応答では、やはり「ホームシックにならないのか」ということについて聞かれました。この質問は多いです。それから「困っていることはないか」ということも聞かれました。

「14人のこどもがいる施設にしては、お風呂が小さい」ということを申し上げました。実際お風呂を見ていただき、「これは狭い」と納得していただけました。合併前に立てた新村の事業計画では、来年度お風呂を増改築していただけることになっています。

「地域のこどもたちにも自然体験を」というスタンスで行っている遊楽館の主催事業について関心を持って下さった方もいました。

そうこうしているうちに資料が配布できるようになったので、ギリギリセーフで皆さんに持って帰っていただくことは間に合いました。でも・・・。10枚程度の資料だったのですが、私がキチンと指示を出せていなかったせいで、ページの順番がおかしくなっていたようで、ちょっとヘコみました(笑)

 午後は家庭訪問。今日は5人分の対応をしました。別室では通年係がもう3人分の対応をしました。人数が多いわりに日数(2日)は少ないので、どうしてもダブっちゃうところが出るんですよね。

 そうそう、今朝は起きてカーテン開けてびっくりしました。やけに外が明るいから、「いい天気なんだろうなあ」と思ってカーテンを開けたのですが、なんと・・・。外は銀世界!!4月のこの時期に積雪しちゃうなんて、びっくりです。車のタイヤも換えたのに・・・。でもアスファルトは温度が高めなのか、道に雪は積もらなかったので助かりました。

続きを読む "議員さん来る、先生も来る来る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

家庭訪問、カメラクラブ、お寺で懐メロ

 今日と明日は家庭訪問。センターには14人のこどもがいるので家庭訪問もにぎやかです。今日は4人分の家庭訪問でした。担任の先生とじっくり情報交換、意見公開ができる大切な時間です。私と通年合宿連絡係のふたりで対応しました。

 こどもたちは24日の春の例祭の踊りの練習に出かけていました。「踊るポンポコリン」と「骨骨体操」を踊ります。地域の方が講師です。家内はネタ提供係だったようです。

 夜はカメラクラブの総会。事業報告と会計報告、それから事業計画の策定などをしました。その後は慰労会。何の慰労会かというと、2月あたまから3月末まで熊谷元一記念館で「ありがとう浪合村」という企画写真展を当クラブで行っていたのですが、その慰労会です。おいしい焼肉をたっぷりいただきました。当クラブの会長さん宅が焼肉屋さんで、もう恒例になっています。

 で、もちろん一杯やるわけなんですが、ほろ酔い気分のところでお寺へゴー(笑)

 実は浪合のお寺の和尚さんもカメラクラブの会員で、よく「おい、ちょっと○○寄っていこ」などとお誘いくださるのです。今日は自宅に呼んでくださいました。

「見せたいものがある」と案内された先がお堂。そこには見事なオーディオセットが。「いい音がするんだ」と満面笑顔の和尚。で取り出されたのが懐メロカラオケレーザーディスク。「おい、わかる歌あるか」と和尚。「えー「東京ブギウギ」と、あ、「りんご追分」はわかるぞ。あ「お富さん」も知ってるな・・・」

たちまち流れる「お富さん」のメロディー。「ほい、マイク」。もう歌うしかありません(笑) でも懐メロって、大きい声で歌いやすいようにできてますねえ。もっとも歌いなれてないので音程はずしまくってましたが(笑)

 そのあと和尚の歌をいくつか聞かせていただき(うまいんです。ホント。プロになろうかと思ったこともあるとか)、で、お堂の中でまた一杯。和尚ご自慢のオーディオセットから今度はモーツアルトが流れてくる中、しばし談笑。

 和尚、いやあごちそうさまでした。お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ようやくタイヤ交換できた・・・

 うちの地区は標高が1000メートル前後のところにあるので、冬はとても寒いです。雪も降ります。除雪はしていただけるのですが、道路は凍結してつるつるです。なので車はスタッドレスタイヤ(凍結路でも滑らないタイヤ)なるものに履き替えます。スタッドレスタイヤは磨耗すると効き目がなくなります。なので「もう大丈夫だろう」と思ったら早めにノーマルタイヤと交換したくなります。ところがこの見極めが難しい。

 例年、3月末に交換してきたのですが、今年はそのころに雪がふり、交換することを見合わせました。4月に入ってからは降雪もほぼみなくなり、いつでも交換してオッケーって感じだったのですが、しかし今度は忙しくて手がつかない。

 ようやく昨日、センターの車(軽のバン2台)は交換することができました。そして今日、我が家の車(エスティマとワゴンR)も交換できました。風邪気味の家内とふたりでやったのですが、1時間くらいでできたかな。

 今日は午前中、役場教育委員会へ行って、所長さんと40分ほど打ち合わせをしてきました。地域こども教室のことだとか対外的な契約書に関することとか、いろいろです。その後は飯田へ行っていろいろとお買い物。こどものリクエスト物やセンターの必要物を購入。

 そうそう、本屋にも寄ったのですが、今週のサッカーマガジンは松井大輔の特集!ってそうじゃなくって、今発売中の「日経KIDS+(キッズプラス)」はおもしろかったですよ!私買いました。それと今発売中のBE-PAL。「大人になる前にやっておくべきこと」という表紙の文字を見て、衝動買いしてしまいました。今、急激に身長が伸びている長男のmを思うとき、なんかやってやれることはないかな~なんて最近思い続けていたのもので・・・。実は数年前から小学校最後の春休みはふたりで「琵琶湖一周」にチャレンジしようと思っていたのですが、今回は日程が取れず(たぶんこの仕事をしている以上、よほどムリをまわりにお願いしないとできそうにはないのですが・・・)、断念したのです。でも、やりたいなあ。息子とふたり、自転車の旅。siがヤキモチ焼くかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

今日のお仕事

 ちょっと今日の一日を振り返ってみたいと思います。

6:30 起床、朝食づくり(家内が宿直勤務だったので、私がこども3人の面倒を見ます)

7:00 朝食、7:15 こどもたち登校、それから洗濯物干しと洗濯まわし

8:00~カメラクラブ事務局の用で電話連絡

8:25 出勤

8:30~9:00 センター定例朝の打ち合わせ

9:00~10:30 地域こども教室案内づくり

10:40~11:10 校長先生と地域こども教室実施についての打ち合わせ

11:15~11:20 支所の公民館主事さんと地域こども教室実施についての打ち合わせ

11:30~12:00 センターに戻って見学者(一家族)対応

12:00~13:30 昼食および昼休み(当方、宿直業務が主な職場なので、昼休みは長めになっています)

13:30~15:15 スタッフミーティング(今回の内容・・園生カンファレンス、諸連絡など)

15:30~16:30 車両点検(タイヤ交換含む)

16:30~17:00 所長、および支所関連担当さんらと電話で打ち合わせ。下校してきた園生のうがい指導、コミュニケーションタイム

17:00~17:40 園生宿題指導、外遊び支援

17:45 退所(今夜は部落の総会があるのでいつもより早めにあがらせてもらいました)

17:50 具合の悪そうな家内にかわって夕飯づくり(夕飯はラーメン)

18:40 夕飯

19:00~20:00 宮の原部落総会

20:00~21:00 家族団らん(家内は部落婦人会の踊りの練習に参加)

21:00 ママさんバレーに行っていた次男を回収

21:10~21:30 次男、長女の家庭学習指導

21:40~22:30 長男の家庭学習につきあう

ってところでしょうか。

よく通年センターって日勤はどんな仕事をしているの??とか、日中は仕事がなくていいね、とか言われるのですが、とんでもございません(笑)

上は私の動きですが、他のものは受け持ちの仕事を一所懸命やってます。昼休みはたいていミニカンファレンスの場になります。

自慢たらしく書いてるように受け止められたらごめんなさい。ただ、こんな様子なんだよってことで。

それと、この日は家内の宿直あけだったわけですが、宿直は私の方が回数が多い(週2~3回)ので、家庭の方は結構たいへんです。特に家内のがんばりがなければ・・・今は疲れて先に眠っていますが、宿直明けって本当に眠い。5時間は眠れているはずなんですが・・・。あ、でも今年は「眠れなくなっちゃった」って宿直室に来る子が約一名いるんですよ。昨夜もその対応があったって言ってたなあ。

 ごくろうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

春の例祭合同練習

 今夜は春の例祭の合同練習がありました。合併前は役場職員の方々がたいへん骨を折ってくださって何もかもおまかせでよかったような状況でしたが、今年からはそういうわけにはいきません。でも、いきなり地区住民がなんでもできるようになるわけでもありません。そこのところの調整で、例年より準備期間が短くなってしまった今年の例祭ですが、本番一週間前の合同練習はなんとか開催できる運びになりました。

 しかし集まってくる人が少なかったです。19時からの練習でしたが、その時間にいた人は関係者全体の何割ぐらいだったでしょうか。別室で19時30分からのお祭の打ち合わせの方は、さすがに部落長さんや部落公民館の係の人がメンバーなのでしっかり集まっていましたが、それに比べて練習の人数は寂しいものがあります。そんな私も、実は打ち合わせのために来た者なので、途中から別室の方へ行ってしまったのですが・・・。

 お囃子にはセンターの職員も2名参加しています。ふたりは笛を吹きます。笛のほかに三味線と小太鼓、中太鼓があり、お寺の和尚さん(元中学校の先生で吹奏楽の顧問を長くやられた方です)が小さい鐘をならして節をとります。

 打ち合わせが終わってから合同練習の方にまた顔を出したのですが、練習の人も少しですが増えていたようで、ちょっと安心しました。

Hayasi その場で笛の名手の郵便局長さんに

「キミは笛より三味線が似合いそうだな」

などとからかわれた私なのですが、さて、どうですかね(笑) そういわれるとその気になっちゃいますが、高いんでしょ?三味線。バッターボックスじゃよく引いてましたけどね、三味線(笑)

 春の例祭は浪合神社のお祭です。お囃子の正式名称は「応永庚申屋台囃子(おうえいこうしんやたいばやし)」といいます。

 毎年4月24日に行うことになっています。でもそこにも問題があって、できれば最寄の日曜日開催にしていただけるといいのですが。平日開催になると、やはり参加する人が少なくなりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

si,出場する。

 今日はsiが松本アルウィンで試合をする日。デビューしたその週末にゲームってのもたいへんですが、そういうスケジュールなのだから仕方ありません。

私はトレーニングキャンプ実施中につきいけませんでしたが、家内がmとsoも連れて引率してくれました。mは早朝までトレキャンのコーチ役をしていてくれたので、大忙しです(笑) mはsiのゲームの様子を撮影することが主な任務だったようです。

 試合は北信越リーグ1部第2節の松本山雅FCフェルヴォローザ石川の前座試合です。前座試合とはいえ、ちゃんとした芝生のピッチで(そりゃ松本アルウィンです。先日はJ1の甲府対新潟のゲームも開催されていました)ゲームできるのですから、うらやましい。ゲームはハーフコートで行われましたが、出場選手は11人ずつ、20分ハーフだった模様です。

 siは新人ですからスタート時はベンチ。でも前半10分から出場させてもらいました。

Sinpe 

ポジションは3-4-3の左サイドハーフ。でもこの時点ですでに0-2のスコア。si、遠慮があるのかやたら球離れがよくて(爆笑)パス重視のプレースタイル、いつものコネコネプレーは姿を消していたようです。もっとわがままな気持ちと強引さがあってもいいんだけど、とは家内の弁。後半もそのまま出場させてもらえたようですが、結果は0-5の大敗。

 観戦者の弁によると

・キーパーは当日決めた模様。

・味方のみんなはボールによりすぎ。

・相手は試合なれしてた。

ようです。これからの成長に期待ですね。やっつけたくなる相手があってチームが強くなっていくのは、物語としてはわかりやすい。siもおもしろがってうまくなっていってほしいものです。

 ちなみに、松本対石川は松本が3-0で勝ちました。

Photo ちなみにちなみに、緑の方が、ホームの松本山雅です。

 ちなみにちなみにちなみに、山雅は「やまが」と読みます。「さんが」ではありません(笑)

続きを読む "si,出場する。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

堆肥まき、見学、トレーニングキャンプ

 今年度の山村留学2回目の週末は行事がたっぷりでした。

午前中は畑に堆肥まき。こどもたち12人とスタッフ3人で畑にまきました。土手の下にある畑で、移送は人間がするほかなく、コンテナやバケツに堆肥をいれて何往復もしました。小さい子は小さいバケツ、大きい子は大きなコンテナ、30分に1回小休止をし、1時間に1回大休止をして作業を進めました。天気は曇り。こんな作業の日にはちょうどいいです。

 そんなことをしてるうちに、阿智村の新任教員の方々がセンターに見学に見えました。およそ20名ほどでしょうか。阿智村には4つの小学校と、ひとつの中学校があるので、これくらいの数になるのです。センターを見学するためだけに来られたわけではなく、村内の文教施設の見学の一環ということのようです。センターの滞在時間はおよそ30分くらいかな。その間は私は堆肥まきを休んで、説明をさせていただきました。こどもたちもしっかり挨拶をしてくれ、よかったです。

 午後からはこれまた春の恒例活動で、トレーニングキャンプを行いました。キャンプ初心者のこどもたちを対象に、キャンプ用具になれることを目的とした活動です。継続のこどもたちはコーチ役として参加します。

 レインウェアの着脱、寝袋とロールマットを使っての就寝の仕方、野外調理用具の使い方、野外での食事のとり方、テントで寝ること、などが科目になっています。

 小さい子が比較的苦手なのがレインウェアや寝袋を袋に入れて片付けることです。手のひらの大きさや力が違いますから仕方ありませんよね。そんなところは高学年の子やスタッフが手伝います。

 午前中は曇りでしたが、午後からは少雨。でもその中でもテント設営も野外料理も、テントで寝ることも行いました。だって夏の登山キャンプじゃ大雨の中でテントを張ることも実際ありましたし、少々の雨なんて逆にトレーニングのシチュエーションとしてはいいくらいです。

 夜は火を囲んでゲームをしたり、歌を歌ったり。それぞれが誰とはなしに「保育園話」をしはじめたのはおもしろかったです。

「保育園の時、オレはワルだった」

とか

「私はいじめられてたカモ」

とか。自分の話をたくさんする、というのはいい雰囲気である証拠。確かに、すごくいい時間でした。この時間がチームを熟成させていくんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

高遠の桜

実家の母が昨日から来ています。

今日は荒谷の丘を散歩して、お昼には宿木の湯へ行き、夕方こどもが下校してからは、こどもといっしょに高遠城址公園へ行ってきました。

桜はまだ蕾でしたが、それでもライトアップされた桜はあたかも咲いているようで、

「満開だったらさぞかしキレイだろうなあ」Photo_4

と想像力を刺激させられました。でも、満開じゃなかったから、それほどの渋滞でもなかったし、それほどの混雑でもなかったんだろうな、と思います。

たぶん、高遠さくらホテルのイベントか何かだと思うのですが、10数発の打ち上げ花火もありました。

蓼科でホテルの仕事をしている弟とその家族と合流して夕飯を食べました。

なんだか寒い夜で、みんなカイロをつかって暖をとっていました。

浪合の桜は、もちろん!まだ蕾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

資源回収の打ち合わせ

 今夜はPTAの地区委員会で、資源回収の打ち合わせがありました。

資源回収は5月13日です。この日に新聞紙、雑誌、ダンボールなどの紙類と、それから布類を回収します。これはPTAの事業で、自治会にも協力を要請して行うかたちになります。

 今までは先にあげた品々は村が回収していました。私たち村民は月に一度出せていたのです。しかし今年からは半年に一度になりました。そのうちの1回が、今回の資源回収です。

 半年分の新聞紙って結構たくさんです。雑誌にしてもそうです。なので、集める側にしてみれば大がかりな資源回収になりますし、持っていってもらう側にしても、このときを逃すと次回までにさらに半年分がたまることになるので大切です。

 いきおい、質問も多く寄せられます。

「布の種類(素材)はどんなものならいいのか」

「ボタンやチャックはついていてもいいのか」

「新聞紙などの折りたたみ方に指定はあるのか」

などです。

 また回収にはどうしても地区の方々に協力していただいて、軽トラなどを出してもらう必要があります。じゃ、そのガソリン代とかはどうするのか、事故が起こった場合は・・・。

 問題はいろいろありそうですが、とにかくやってみること。そうして、問題があればひとつひとつ前向きに解決していこう、ということで、今進んでいます。

 それと、5月13日は合併記念事業で、少年野球教室があります。正午ころからなのですが、元ドラゴンズストッパー与田剛氏と、同じく元ドラゴンズのスラッガーで日本ハムの監督もつとめられた大島康徳氏が来てくださいます。センターの中でも行きたがっている子が結構います。

 5月13日、いい天気になることを祈ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

si,デビュー

 si、地元飯田市のサッカーチームに加入しました。チームはアザリー飯田といいます。練習場までクルマで20~30分ほどかかりますが、週2回の練習、親もがんばって支援したいと思います。

 今日はミニゲームがあったそうです。siはビブス組に入ったとのこと。結果は5-3で勝ったらしいのですが、「オラ、アシストがひとつだけだった」って言ってました。「一対一はもっとしかけて!!」とか指示していただいたようです。

 私は夜7時から応永庚申囃子(春の例祭)の打ち合わせがありました。

 そうそう、阿智高校の総合学習、今年も参画することになりました。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

雨がすごいです・・・。

 雨がすごいです。22時ころからずっと降っています。時々カミナリもなりました。

 1週間前なら、きっと「眠れない」「こわい」という子が続出したかもしれません。でも、今夜は誰一人そんなことなく、部屋で寝ています。

 今日でちょうど入園式から1週間。たった1週間ですが、しかしこどもたちはそれだけでもずいぶん山村留学っこらしくなってきたと思います。もちろん、ひとりひとり違いますが。

 センターの庭の桜はまだ蕾ですが、センターのこどもたちの力は、少しずつほころんで来たような気がします。

 雨はすごいですが、でも、大丈夫そうです。

続きを読む "雨がすごいです・・・。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

デジタルプリント

 前にも書きましたが、デジカメで便利なのは数あれど、ネットで注文できるデジタルプリントは本当に便利。我家にいながらにして注文でき、プリントが家に配達されるのはもちろん、料金もカード決済。かーなーり満足しちゃってます。

 写真はRAWで撮ってますので現像ソフトで色や明るさを調節し、Jpegに変換してから発注します。・・・正直、ここで不満があるにはあるんです。パソコンの画面上での色と、プリントで仕上がってくる色が違うんですよね。この調整が・・・まあぼちぼちいきますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

宿直デス

 日勤、夜勤の日曜日。学校がお休みの日の日勤は事務なんてできません。こどもと一緒に活動することが最優先事項。で、今日は掃除にスポーツに大忙し。それだけ体を動かして、それから夜勤となると、正直だいぶしんどいです(笑)

 いつもならカーっとビールでも飲んでスカーっと寝てしまいたいところですが、宿直だとそういうわけにもいかず(当たり前だ)、夕食当番して、低学年の子とお風呂に入って、フリータイムにはひとりづつと言葉を交わして、隙を見てセンター日記(職場のブログ)を書いて、中学生の勉強見て、記録書いて・・・。

 13期目の通年合宿がはじまって5日。ホームシック組も回復し(初期の様子からもっと長引くかと思ったけど、結構早かった。まあまたあるだろうけど)、動きや考え方に「センター魂」が芽生えかけてきたかな、なんて感じることもチラホラ。これからが楽しみです。

 ホームシックが回復しました、なんて成果でもなんでもありません。すべては、これから、こらから。

続きを読む "宿直デス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

トヨタスタジアムへ

 午前中は家のことをし、お昼からトヨタスタジアムに行ってきました。浪合は雷雨でケーブルテレビが一時受信できなくなるくらいでした。雹も降ったらしく、大荒れの天気だったようです。豊田市は風は強かったものの、天気はよかったです。桜も見ごろでした。

 恒例の家族でのサッカー観戦ですが、長男が今年から中学生で部活が始まりますし、次男も地元のサッカーチームに入る見込みですので、今年度は今日以降、本当にしばらく行けないだろうなあと思っています。今までは月イチペースだったんですがね・・・。

 西京極を振り出しに、甲府の小瀬、名古屋の瑞穂、磐田のヤマハ、徳島の鳴門、静岡のエコパ、サテライトだと大津の皇子山、それから城陽と、結構見に行ったものです。今日はトヨタスタジアム。Photo_3

ワールドカップのゲームが行われたスタジアムだけに、立派なスタジアムでした。開閉式かつ半透明の屋根で、全天候型。ぐわーんと歓声も鳴り響き、スタンドの傾斜もよくてとても観戦しやすかったです。

でも・・・私、ヤマハスタジアムの方が好きかな(笑) 雨に濡れるのはきついけど。

ゲームは1-1のドロー。追いついてのドローだったので、うれしかったです。でも、オフサイド判定がキビシイのがひとつあって、あれが決まってれば逆転だったのになあ。まあ、観戦記はここではないのでいろいろ述べるのはヤメときます。

続きを読む "トヨタスタジアムへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

交通安全

 昨日は交通安全人波作戦、今日はPTAの交通安全街頭指導。春は交通安全とともにはじまります。Kc320018 ともに晴れて天気に恵まれました。朝7時台の間なのですが、たくさんの人と挨拶をかわすことができるこの活動、結構さわやかで、私は好きです。またいっしょに活動している人とあれこれ情報交換したりするのも楽しいものです。

 そうそう、今朝は宿直だったので、センターでこどもを送り出してからの街頭指導でした。担当場所は学校前の横断歩道。7時15分くらいにセンターを出発したこどもたちがきちんと一列で学校に到着したのを見て、「おお、なかなかやるじゃん」とうれしく思った私です。2年生から6年生までいるので歩くスピードがかなり違います。学校からセンターまで2キロ。列を乱さず目的地まで到着できたということは、相当意識して歩いた証拠。彼らは私が学校前が持ち場であることは知らなかったですから(実は私もこどもを送り出してから思い出した(笑))、イイトコ見せようとしてやったわけでもないです。繰り返しますが、よくできました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

こどもといっしょに

 サッカーしました。計算プリントしました。ごはん食べました。お風呂入りました。歴史クイズしました。

 いっしょにすると見えてくるものがあります。

 こどもがやりたいことに付き合うと、その子の心が伝わってくるようです。

 私がやってほしいと思っていることにこどもを付き合わせると、きっと私の心も伝わるでしょう。

 ただ。いっしょにやることってどちらの場合も大事です。

 それと。どんな子になってほしいか、きっちり伝えることも大事です。小学生のうちは、簡単なことばでいいんです。「たくましい子」「かしこい子」とか、そんな言葉でいいでしょう。で、自分もそうなりたい、と思ってもらうことです。いいモデルがいるとすばらしい。そして、そうなるためのプロセスとして、今からする勉強がある、とか、トレーニングがある、とか。そんなふうに位置づけると、いいと思うのです。

 みんな、伸びたいって、思ってるはずです。伸ばしてやりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

雨の中の入学式

 浪合小中学校は、入学式と始業式がいっしょです。

 今日は雨。

私の息子も中学に新入学なので、今日は保護者でもあり、センター副所長でもあり、という立場で式に参列しました。

 新小学1年生は11人とこの地区にしては多い数ですが、新中学1年生は6名。この6名には山村留学生が2名含まれています。重要なふたりです。

 入学式のときの校歌合唱は、半月前の卒業式に較べると、どうか小さいような気がします。卒業式は前日までにしっかり練習できるからでしょうかね。

 新規山村留学生9名も、学校生活が今日からスタート。笑顔で肩を組んでいるヒロ、ちょっとはにかみながら様子を見ているハーチン、寂しくてちょっと涙を流してしまったイノ。元気良くしりとりをしながら帰ってきたヒロミ、ジョニー、サン、ソウくん。いろいろなスタートになりました。

 私もいっしょに雨の中センターまで歩いて下校しました。40分ほどかけてえっちらおっちらと。かなりゆっくりなスピードでしたが、「ラクショー」という子「しんどいな」という子、いろいろです。

 強くなることに、躊躇しないで、がんばってください。

 それにしても。新1年生はかわいらしい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

春休みが終わり・・・

 今日が入園式。たくさんのお客様にお祝いされ、通年合宿の13回目のスタートが切れました。

 そして今日、うちの息子ふたりが京都から帰って来ました。3月24日からずっと、実家に行っていた二人です。4月1,2,3日は栃木の小山へ行っていました。小山には、親父の生家があり、親父のお兄さんがまだまだ健在でいらっしゃいます。

 阿智から京都までは高速バスで1本で行けてしまうので、楽なものです。往復で3800円程度なので、経済的にも助かります。うちのこどもたちは1年生くらいからこどもだけでこのバスを利用してます。ただ、末っこのsoちゃんだけはまだ「ムリ」とのことです(笑)

 期間中、ヤマザキナビスコカップの予選ゲーム(京都対川崎)を見に行ってサインボールをゲットしたり、Photo_1

小山では考古学専門家をめざすいとこの息子さんと鹿島神社に連れて行ってもらったりして、随分楽しかったようです。

Photo_2

 さあ、明日から学校だ。新年度が始まるぞ。父ちゃんもがんばるから、おまえたちもしっかりな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

はじまりました

 今日から。新規の子が9名、やってきました。継続の子は明日から合流の予定ですが、今日すでに3人来てくれています。

 昨日はぐたぐたの私でしたが、今日はしゃっきり元気。やっぱり、こどもが来ると違いますね。センターにも、私にも魂が入ります。

 

続きを読む "はじまりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

すごい雨

 今日はお休み。家族と買い物に行く予定だったのですが、でもやることがあって私だけ家に残りました。外は雨。すごい雨。一時カミナリもなりました。停電もしました。

 やりたいことは2時間くらいでできたのですが、なんだか体がだるい。風邪かなあ。

 午後2時から「京都パープルサンガ対アビスパ福岡」のゲームを観戦したのですが、途中でお客様が。帰ってきていた家内が対応してくれたのですが、そのお客様って、息子の元担任。(息子は3月で小学校を卒業したのですが、その時の担任の先生です) お休みの日なのにわざわざモノを届けに来てくださったのです。家内からそのことを聞いたときには後の祭り。その先生はもうお帰りになられていました。ご挨拶したかった~。だって異動されるのですから。

 夜はもうすっかりぐたぐた。また明日、がんばります。

 そうそう、明日から、第13期の通年合宿のメンバーがやってきます。入園式は明後日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

ウルトラマンダイナ

 え~。

 今日は日中がんばっていろんな仕事をこなし、夜はスタッフ一同で焼肉会をしました。「今年度もがんばるぞ!オ~!!」つきの焼肉会です。

で。それから場所をかえて、ビデオを見ました。「ウルトラマンダイナ」です。

おっと、笑わない笑わない。ウルトラマンダイナいいんです。セブンやティガももちろんいい。玄人ウケするっていうか、文芸ファンにはそっちの方が趣味かもしれない。でも、体育会系文芸ファン(なんじゃそれ?)はダイナなんです。ウルトラマンダイナ・・・作品全体のテイストとしては、帰ってきたウルトラマンに近いかな?

 ともあれ。みんなと見たのは「移動要塞(クラーコフ)浮上せず」(前編後編)ってお話です。私はたぶん5回目くらいの鑑賞なのですが、・・・・泣いちゃいました。私、こういう話に弱いんです。どんな話かはまあご確認ください。ビデオシリーズだと、7巻です。

 スタッフ一同の構成は、男子が私を含めて2名、女子が4名です。30代が2名、残りは20代。とてもウルトラマンを見る面子とは思えません。でも!そのお話を見た後の感想は「ウルトラマンってすごいんだ」「映画・・・みたいだった」「私、もっと借りて見たいかも」。いやー、お追従でもそう言ってもらえてうれしかった。で、ひとしきりみんなが感想言ってくれてから私が一言、「いいチームだったでしょ」というと、みんな「いいチームだ」って。

 そう、それを感じてもらいたくって、この「移動要塞(クラーコフ)浮上せず」を選択したんです。

 まあね、作品のつくりとしては陳腐かもしれない。だってこども向けだし、「ウルトラマン」っていうフォーマットというかしばりもある。でもね、その中で語られていることの豊饒さは、「ウルトラマン」ということで、あるいは「こども向け作品」ということで軽んじてしまうのはどうにももったいない。私、こどもむけ作品って、数々のしばりの中でメッセージを伝えるところから、TV番組の中の俳句、という感じを持っているのですが、どうでしょう?

 ともあれ、いい大人でもちゃんと見れば(ちゃんと見れば、ってのは、ウルトラマン作品であるってことをちゃんと理解して見ればってことだよ。そこが肝心なんだよ)感動できる作品が、実はまだまだたくさんあるんだよね。

 ウルトラマンダイナ・・・。今度はラスト三部作も、みんなと見ようかな。それっていつになるかな(笑) 通年合宿が始まっちゃえば、もう全員で何かをするってことは、仕事以外の時間では見出せなくなるんだよな。交代勤務のつらさだな。

 でも、いろいろ難しいことはあってもさ。ダイナのチーム=スーパーGUTSみたいにカッコいいチームワークで乗り切っていこうぜ。

続きを読む "ウルトラマンダイナ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »