« 僕が通年合宿の仕事をしているわけ⑩最終回 | トップページ | 佐藤寿人という男 »

2006年3月30日 (木)

おジャ魔女ドレミ

 娘が見ています。はい、ビデオです。

おジャ魔女ドレミ・ないしょ、ってシリーズです。私はおジャ魔女ドレミ、好きです。とりわけおんぷちゃんがまだいい子になりきれていない頃のシリーズが好きです。

 脚本が秀逸な話が結構ある。台詞のノリがいい。どんなことがあっても前向きな姿勢がいい。

「ノートのきれはしちぎってナイショのお手紙まわしちゃお」(←たぶんこんな感じだったよね、次回予告のときのキメ台詞)

って提案には乗れませんし賛成できませんが、でも気持ちはわかります。私、実は魔女もの好きでした。ハイ、こどもの頃から。

たとえば

「魔女っこメグちゃん」。

たとえば

「ひみつのアッコちゃん」

たとえば

「魔法のプリンセス ミンキーモモ」

たとえば

「キューティーハニー」(←ちょっと違うか?)

たとえば

「ハクション大魔王」(←だいぶ違うか?あ、アクビちゃんにすればいいのか??)

魔女ものが好きなのはなぜだろう。

秘密を抱えながら、誰かのために何かする、ってところがヒーローものとかぶってて、それが私の心の琴線に触れるのだろうか。そういえば必殺仕置人も「秘密を抱えながら、誰かのために何かする」ってことだな。殆どの時代劇がそうか(笑)

ピピルマピピルマプリリンパ

パパレホパパレホドリミンパ

うーん。まだ覚えているぞ、魔法の呪文。これはミンキーモモだ。

ミンキーモモは画面みただけで作画監督がわかるくらい、のめりこんだ時期があったな(笑)

|

« 僕が通年合宿の仕事をしているわけ⑩最終回 | トップページ | 佐藤寿人という男 »

コメント

僕に「どれみ」シリーズを語らせたら長いよ〜(笑)。
なので、やめときます(爆)。

4年にわたったシリーズですが、
まさに、あれこそが「シリーズ化」に相応しい作り込みでしたね。
後に続いた「プリキュア」のひどさを考えると…なおさら。

「プリキュア」の(今年の)続編に至っては、
「ガンダム」と一緒でしょ。
名前を使ってるだけ。
「ガンダムW」とか「ガンダムSEED」が
「ガンダム」を汚してるとすら思う僕としては、
今年の「プリキュア」は、本当に許せない。
最初の年の「プリキュア」を汚してます。

(最初の年の「プリキュア」も後半は消化不良だったけど。)

投稿: おおくぼ@勤務中 | 2006年3月31日 (金) 14時06分

あーそうか、ドレミじゃなくて どれみ だったか。
「ジャ」はカタカナであることを確認したんだけど、
本丸はうっかり(笑)
失礼しました。

投稿: くずてつ | 2006年3月31日 (金) 17時58分

自分に子どもができたら、まちがいなく!
「おジャ魔女どれみ」シリーズは一緒に観ますね。
きちんとした視点でものを作っていると思う。

話はずれるけど、
圧巻は…4年越しの伏線でしょう。(女王様)

ミンキーモモは…モモが死ぬ(?)ところとか観直したい気がするな。
ともかく、葦プロは凝った「ひねり」を利かせるのが上手だった。

投稿: おおくぼ | 2006年3月31日 (金) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/1219624

この記事へのトラックバック一覧です: おジャ魔女ドレミ:

« 僕が通年合宿の仕事をしているわけ⑩最終回 | トップページ | 佐藤寿人という男 »