« WBC日本優勝、久しぶりに西京極 | トップページ | 離任される先生の送別会にて »

2006年3月23日 (木)

WBC、そして野球は。

 WBCが日本の優勝で幕を閉じた。

 私は、この大会は開催することに意味があると思ったので、無事大会が行われたことに対して、とにかくよかったと思う。制度上、いろいろ不思議な点や不備な点はあったが、それはこの際いいのだ。清濁飲んで、ともかくやるんだ、ってところが肝心だったのだから。

 2次リーグのチームの配分はともかく、同じリーグの1,2位が決勝トーナメントで対戦するのは正直「へ?なんで?」って感じだったが、それはメジャーリーグや日本プロ野球のパ・リーグで行われているプレーオフ的発想で企画されたものだったのだろう、と好意的に解釈しよう。好意的好意的。しかし次回大会では修正を期待する。権威ある国際大会たるもの、そうあるべきだ。

 審判の誤審も話題になったが、ジャッジに間違いは起こりえる。人がジャッジしている以上、それは免れない。むしろそれをも含めて「野球」であるはずだし「スポーツ」である筈だ。いやこれは誤審を歓迎している発言ではない。誤審は必要悪だ、などと言うつもりもない。人生に事故があるようなものに、内野ゴロにイレギュラーバウンドがあるように、審判のジャッジに誤審がある、ということは自然状態における当たり前、であり真実なのだ。意図的な誤審やあからさまな能力不足による誤審は問題外であることは当然ながら言うを待たない。

 それにしてもだ。件の西岡のタッチアップは見事なものだった。彼の技術を知らない米国の捕手や審判が「離塁が早い」と判断するのも仕方ない。(好意的好意的) しかしいくら二塁塁審にジャッジの権利がないと言っても、一番近くにいた彼が米国の抗議の後も「セーフ」と言っていたのだから、主審はそれを尊重すべきではないのだろうか。ここは好意的な解釈はできない。

 米国とメキシコ戦でもメキシコの本塁打を二塁打とするミスジャッジが飛び出たようだが、それは映像を見ていないのでコメントはしない。

 そもそも、対戦しているチームの国から審判が出ていることも問題である。やはり第3国から審判を出すべきだ。この大会に出てくる国には、ウデのいい(目のいい?)審判の3人や4人、困らないはずだ。ここも次の大会までにはぜひ修正してもらいたい。

 さて。

 日本は韓国に1勝2敗。負け越した。一次リーグ、二次リーグとも敗れた。相手投手に押さえ込まれた。とりわけ二次リーグで韓国に負けたことは大きな痛手だった。これで決勝トーナメント進出は絶望かと思ったものだ。あのイチローも酒を飲んで大暴れしたそうな。なんてったって「野球人生でもっとも屈辱的な日」だったそうだからなあ。

 しかしメキシコが米国に勝ってくれたため、日本はびっくりのリーグ2位確保。決勝トーナメントで三度韓国と対戦、今度は相手投手陣をねじ伏せ、どうにか貫禄を示すことができた。しかし韓国は手ごわかった。粘る韓国を押さえ込んだのは上原だったし、振り切ったのは福留だった。まさに劇的な一発。日本国民溜飲のホームランだった。

 あのゲームで印象的だったのは、多村だ。福留がホームランを打つ前、多村は送りバントを2度失敗した挙句三振している。多村といえばハマのアーチストだぜ。あそこは送りバントしたい場面だったことは間違いないが、しかしバッターボックスは5番多村だ。「一発狙って来い」の方が「送りバント決めて来い」って言われるよりはるかにマシだったのではあるまいか。見ていてもぜんぜんバントが決まりそうな雰囲気はなかった。王監督は巨人監督時代、それはそれは慎重な采配で、場合によっては臆病ですらあり、よく厳しい批判を受けていたが、その慎重さがこの場面で出てきたなと思った。あそこはやっぱ、「自由に打て」でよかったと思うのだが。だがさすがは多村、ゲームの行方がほぼ決まった中でも、次の打席ではリベンジを忘れなかった。リードを更に広げる本塁打をスタンドに叩き込む。福留の一発も見事なものだったが、多村の一発は左中間の一番深いところにまで飛んでいった。まさにホームランアーチストの意地ともいえる打撃だった。たいしたもんだ。右の強打者、ベイスターズの多村。大きく育って欲しいものだ。

 福留の一発後の韓国投手の崩れ方は、まったくあからさまなものだった。ゲームを決定づける本塁打を福留に許した後、次の打者にデットボールを与えてしまい、それでようやく交代。福留に一発打たれた時点で交代するべきだったと私は思う。韓国の監督も当然そうすると思ったのだが、彼は次打者までひっぱり、余計なランナーをひとり出して傷口を広げてしまった。まあ日本としてはありがたいが、しかし韓国側としてはやってはいけない死球だった。ああいうことが起こるとバックの守備陣もいやな感じがするものだし、集中力も途切れがちになるものだ。ともあれこの一戦の勝利は気持ちよかった。ようやく韓国に勝てたか~とうれしかった。

 キューバとの決勝戦では、投手力の差がゲーム結果に出た形といっていいだろうか。日本は確かに10点取ったが、しかしそれはキューバ投手陣の自滅から得られた得点も相当含まれている。だからその得点に意味がない、なんて思わないが、得点のすべてを打線の打力だけで獲得したわけではない、ということは記憶しておこう。勘違いは未来設計を崩す元だ。

 しかし9回表、直前に1点差に追い詰められてからの日本の攻撃は見事だった。次々火達磨になってマウンドを降りてゆくキューバ投手陣を見て、気の毒にすら思った。野球の「流れ」というものの残酷さを感じた。思わぬ完勝で優勝を手にした日本。わが母国が世界一になったことは素直に喜びたい。

 その時、王は本当に世界の王になった。

 イチローは見事な牽引役としてびっくりするほどアグレッシブにチームを鼓舞し続けた。「向こう30年は日本には手を出せないと思わせるくらいの勝ち方をする」とは彼が3度目の韓国戦の前に発言した言葉だが、見事な言葉だと私は思う。ゴールイメージがはっきりしている。挑発的であることに間違いないが、相手のことは別に何も卑下していない。いいメッセージだと私は感心した。この言葉に代表されるように、気合十分で感情露出もいとわないイチローは新鮮だったし、とてもかっこいいと思った。

「このチームでメジャーを戦いたいと思った」

これは大会後のイチローの発言だが、この言葉を聴いたチームメイトは、きっとまたイチローにしびれただろう。彼は仲間を下目線で見てはいなかった。米国で孤高の戦いを繰り広げてきた男は、こんなにも仲間を愛することができる男だったのだ。

 一方。ヤンキースの松井は、そんなイチローの姿をどう思って見ていたのだろう。そしてイチローは松井のことをどう思っているのだろう。もし松井に対し、イチローが何か言うとしたら、それは多分

「今度はいっしょにやろうぜ」

という言葉であるに違いないと思うのだが。そしてその時松井には

「ぜひやりましょう!」

と言ってもらいたい。

 

 

 今後の野球の発展は、WBCの未来が握っていると思う。WBCがサッカーのワールドカップのような位置づけになれば、野球はまだまだ元気になれる。もちろん野球は環太平洋の国々が熱心なだけのローカルなスポーツかもしれない。しかし、サッカーに負けない魅力を持っていることもまた事実。野球はルールが複雑で、そういう意味では難しいスポーツだが、だからといって知らないで済ましてしまうにはもったないない。

 うちの子はWBCの中継が終るとボールとバットを持って外に飛び出していった。そんな子がたぶん日本中にたくさんいただろう。韓国にも米国にも、キューバにもドミニカにも、この大会に参加したすべての国の多くの子ども達が、きっとそんな様子だったに違いない。

 元野球少年としては、うれしい限りだ。でもサッカーもしようね(笑)

 ・・・いずれ山田太郎や中西球道、不知火守らが、岩田鉄五郎あたりに率いられてWBCを戦う日も来るだろうな。それはそれで楽しみだ。

|

« WBC日本優勝、久しぶりに西京極 | トップページ | 離任される先生の送別会にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/1131542

この記事へのトラックバック一覧です: WBC、そして野球は。:

« WBC日本優勝、久しぶりに西京極 | トップページ | 離任される先生の送別会にて »