« 平田良介のハーフスイング | トップページ | ブログにしてみます。 »

2005年12月15日 (木)

閻魔愛について

地獄少女というアニメ作品がある。
 閻魔愛という少女が主役だ。台詞は少ないぞ。「呼んだでしょ」「あなたが本当にうらみを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を解けばいい」「人を呪わば穴ふたつ」「・・・。いっぺん、死んでみる?」「このうらみ、流しました」
後、謎のおばあちゃん相手の二言三言でだいたい足りる。

 この地獄少女、ざっくり言えば、現代版かつアニメ版必殺仕置人だ。
 登場人物も必殺を意識している。初期必殺に出てきたキャラクターを彷彿させるから楽しい。明らかに念仏の鉄、棺桶の錠、そしてお銀を連想させる仕置屋・・・おっと愛の手下達。念仏っぽい輪入道なるキャラが首に巻いているマフラーは中村主水の記号であるに違いないし、愛が毎回仕置き(とりあえずこう呼ぶ)の前に入浴するのは必殺渡し人の鳴滝忍(高峰美枝子)の習慣だった。(しずかちゃんのそれとは違うのだ) 渡し人は後期必殺だが、初期必殺で重要な脇役を演じた渡辺篤史が殺し屋を演じたという点で、強引ではあるが初期必殺のテイストが味わえた作品であると言える(断定)。

 閻魔愛はその苗字が示すようにたぶん閻魔大王と縁つながりの方だろうが、とにかく謎に包まれていてよくわからない。わからないがメール1本でうらみを晴らして欲しいと願う相手のところへ即座に(ホントに即座に)現れるから恐れ入る。
 そして相手(お客?)に藁人形を渡し、その藁人形の首に巻きつけてある赤い糸が客によって解かれた時、仕置きがなされる。ただし客はその代償として来世の地獄行きが決定となり、胸にそのことを示す刻印がきざまれる。

 第9話まではまったく必殺のまんまのストーリー展開だった。だが第10話あたりから様子が変わってくる。いや柴田というフリーライターが登場したあたりからか。
 藁人形の使われ方に変化が出る。勘違いとはいえ、マト(必殺用語で殺しの対象となる者)に無理やり赤い糸を解かれたり、マトと分かり合えた後、改めてマトに「赤い糸を解いてほしい」と頼まれ、マトにこの世の安楽を与えるために糸を解いたり。
 それでもなんでも、糸を解くと愛はマトを地獄に送り、頼み人には契約の刻印がなされる。非情だ。だが仕置き人は非情なものだ。
 
 ところが閻魔愛はどうやら非情じゃないのだ。そうした地獄流しについて、彼女は疑問を抱き始めている。

 そもそも地獄流しの重要な役を若い女にやらせるところにムリがあるのだが、・・・まあそんなことはどうでもいいか。

 彼女の疑問は、なんでもかんでも地獄に流す私って何?ってところか。許せぬ恨みを晴らすのが彼女の稼業(稼業といえるかどうかわからないが、まあ彼女のミッションはそうだ)。なのに頼み人とマトが互いが分かり合いったり、分かり合ったが故に糸を解いり。頼み人にすでに「うらみ」はなくなっていてもマトを地獄に送らなければならない。こんなのアリなの?仕事だからってイイの?

 まあ頼み人と愛の間で契約した事柄が台詞の通りだとするならば、「糸を解く=契約成立」「解いたらあなたも地獄行き」以外の条項は盛り込まれておらず、頼み人が「クーリングオフできますか」とか確認したこともない。だから糸を解いた時の気持ちがどうあれ、その行為が決定的であるという点においては疑いの余地はない。にも関わらず、愛は「これでいいの?」と心を揺らすし、私たちはその揺れに関心を寄せる。

 愛の持つ仕置きのシステムに「本当にヤツは地獄流しに相当するか」を判断する調査機関なり相談相手なりがいればいいのだが、たぶん愛がそのことに気づき補完に着手するとは思えない。輪入道をはじめとする手下たちもそうした役割は担っていないし担うようにもなるまい。この部分は欠陥したまま行くだろう。そしてその欠陥が重要な意味を携えて愛を揺さぶり続けるはずだ。

 念仏の鉄も中村主水も、因果応報という枠組みの中で最後は無残に命を散らした。しかし愛は(たぶん)死なない。いや死ねない。人間ですらないもの。愛が結局何者か、というところが大きな鍵になりそうだが、自分の存在やミッションに疑問を抱き揺れ始めた愛は、自らも地獄に入り込んでしまっている。

 閻魔愛が何を考え、何をなしていくのか、今しばらく、見続けていきたい。もしかすると愛のおかれている状況が、実は地獄少女の「地獄」なのではあるまいか、などと思いつつ。

|

« 平田良介のハーフスイング | トップページ | ブログにしてみます。 »

コメント

あのう、きくりについてのコメントがないそう…あたしは彼女が大好きなんて、もっときくりのストーリかを知りたいよ。ですから、「地獄少女」の好き友達へ、ほかの人物についてちゃんと紹介してお願い!何かの台詞もいいね(本当に知りたい!!!)。あたしは中国人が、日本語がまたまただね。お世話に!!!     ひとつのきくりが愛してる友達

投稿: きくり | 2007年5月13日 (日) 15時55分

二籠には、テーマの前の輪入道が話してる台詞をもっと知りたいんだ!!!あたしはどこでも届かないね…お願い

投稿: きくり | 2007年5月13日 (日) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/1020994

この記事へのトラックバック一覧です: 閻魔愛について:

« 平田良介のハーフスイング | トップページ | ブログにしてみます。 »